検索

第7章 コンテナーイメージのビルド

download PDF

コンテナーイメージをビルドするには、コンテナー化されたアプリケーションのブループリントを作成する必要があります。ブループリントは、アプリケーションのインストール方法と設定方法を定義する他のパブリックリポジトリーのベースイメージに依存します。

Red Hat Quay は、Docker および Podman コンテナーイメージをビルドする機能をサポートしています。この機能は、コンテナーとコンテナーオーケストレーションを利用する開発者や組織に役立ちます。

7.1. ビルドコンテキスト

Docker または Podman でイメージをビルドする際には、ビルドコンテキスト となるディレクトリーを指定します。これは手動ビルドとビルドトリガーの両方に当てはまります。Red Hat Quay によって作成されるビルドは、ローカルマシン上で docker build または podman build を実行することと変わらないためです。

Red Hat Quay のビルドコンテキストは、常にビルドセットアップから指定された サブディレクトリー であり、ディレクトリーが指定されていない場合はビルドソースのルートにフォールバックします。

ビルドがトリガーされると、Red Hat Quay のビルドワーカーは Git リポジトリーをワーカーマシンにクローンし、ビルドを行う前にビルドコンテキストに入ります。

.tar アーカイブをベースにしたビルドでは、ビルドワーカーがアーカイブを抽出し、ビルドコンテキストに入ります。以下に例を示します。

展開されたビルドアーカイブ

example
├── .git
├── Dockerfile
├── file
└── subdir
    └── Dockerfile

上記の 展開されたビルドアーカイブ は、example という Github リポジトリーのディレクトリー構造を持っていると考えてみてください。ビルドトリガーの設定でサブディレクトリーが指定されていない場合、またはビルドを手動で開始する場合、ビルドは example ディレクトリーで行われます。

ビルドトリガーの設定でサブディレクトリー (subdir など) を指定した場合は、その中の Dockerfile のみがビルドの対象になります。つまり、Dockerfile の ADD コマンドを使用して file を追加することは、ビルドコンテキストの外にあるためできません。

Docker Hub とは異なり、Dockerfile は Red Hat Quay のビルドコンテキストの一部です。そのため、Dockerfile を .dockerignore ファイル内に含めることはできません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.