検索

第1章 Red Hat Update Infrastructure 4 の概要

download PDF

Red Hat Update Infrastructure 4 (Red Hat Update Infrastructure 4) は、スケーラビリティーが高く、冗長なフレームワークで、リポジトリーとコンテンツを管理できます。また、クラウドプロバイダーは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) インスタンスにコンテンツおよび更新を配信できます。アップストリームの Pulp プロジェクトに基づいて、RHUI を使用すると、クラウドプロバイダーは Red Hat がホストするリポジトリーコンテンツをローカルにミラーリングし、独自のコンテンツでカスタムリポジトリーを作成し、負荷分散されたコンテンツ配信システムを通じてエンドユーザーの大規模なグループがそれらのリポジトリーを利用できるようになります。

システム管理者は、Red Hat Update Appliance (RHUA)、コンテンツ配信サーバー (CDS)、リポジトリー、共有ストレージ、および負荷分散をインストールして設定することで、Red Hat Certified Cloud and Service Provider プログラム に参加するためのインフラストラクチャーを準備できます。

RHUI の設定は、以下のタスクで設定されます。

  • Red Hat リポジトリーの作成および同期
  • クライアントエンタイトルメント証明書およびクライアント設定 RPM の作成
  • RHUI サーバーのクライアントプロファイルの作成

対象となるのは、経験豊富な RHEL システム管理者です。RHEL のスキルに限りがあるシステム管理者は、Red Hat 認定クラウドプロバイダーアーキテクチャーサービスを提供する場合に、Red Hat コンサルティングを利用すること検討してください。

RHUI の設定、管理、および更新について、以下のトピックでご紹介します。

  • RHUI コンポーネント
  • コンテンツプロバイダーのタイプ
  • コンポーネントの管理に使用するコマンドラインインターフェイス (CLI)
  • ユーティリティーコマンド
  • 証明書の管理
  • コンテンツ管理

1.1. インストールオプション

以下の表は、さまざまな Red Hat Update Infrastructure 4 コンポーネントを示しています。

表1.1 Red Hat Update Infrastructure のコンポーネントおよび機能
コンポーネント略語機能代替方法

Red Hat Update Appliance

RHUA

Red Hat コンテンツ配信ネットワークから新しいパッケージをダウンロードして、各 CDS ノードにコピーする

なし

コンテンツ配信サーバー

CDS

クライアントが更新パッケージ用に接続する yum リポジトリーを提供する

なし

HAProxy

なし

CDS ノード全体での負荷分散を提供する

既存の負荷分散ソリューション

共有ストレージ

なし

共有ストレージを提供する

既存のストレージソリューション

以下の表は、インストールタスクを実行する方法を説明します。

表1.2 Red Hat Update Infrastructure のインストールタスク
インストールタスク実行する場所

RHEL 8 のインストール

RHUA、CDS、および HAProxy

システムのサブスクライブ

RHUA、CDS、および HAProxy

RHUI サブスクリプションのアタッチ

RHUA、CDS、および HAProxy

更新の適用

RHUA、CDS、および HAProxy

rhui-installer のインストール

RHUA

rhui-installer の実行

RHUA

1.1.1. オプション 1:完全インストール

  • RHUA
  • 共有ストレージを持つ 2 つ以上の CDS ノード
  • 1 つ以上の HAProxy ロードバランサー

1.1.2. オプション 2:既存のストレージソリューションを使用したインストール

  • RHUA
  • 既存のストレージソリューションを備えた 2 つ以上の CDS ノード
  • 1 つ以上の HAProxy ロードバランサー

1.1.3. オプション 3:既存のロードバランサーソリューションを使用したインストール

  • RHUA
  • 共有ストレージを持つ 2 つ以上の CDS ノード
  • 既存のロードバランサー

1.1.4. オプション 4:既存のストレージおよびロードバランサーのソリューションを使用したインストール

  • RHUA
  • 既存の共有ストレージを持つ 2 つ以上の CDS ノード
  • 既存のロードバランサー

以下は、さまざまな Red Hat Update Infrastructure 4 コンポーネントがどのように対話するかについての俯瞰図です。

図1.1 Red Hat Update Infrastructure 4 の概要

Red Hat Update Infrastructure の概要
注記

RHUA を --type rhui としてサブスクライブし、RHUI をインストールするには、Red Hat 認定クラウドおよびサービスプロバイダーサブスクリプションが必要です。適切なコンテンツ証明書も必要です。

RHUA ノードおよび CDS ノードを別の x86_64 サーバー (ベアメタルまたは仮想マシン) にインストールします。RHUI に接続するサーバーおよびネットワークがすべて Red Hat Subscription Management サービスにアクセスできるようにします。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.