検索

第5章 仮想マシンでの QEMU ゲストエージェント機能の有効化

download PDF

RHEL 8 システムでホストされている仮想マシン (VM) の特定の機能を使用するには、まず QEMU ゲストエージェント (GA) を使用するように仮想マシンを設定する必要があります。

これらの機能の完全なリストについては、QEMU ゲストエージェントを必要とする仮想化機能 を参照してください。

仮想マシン上で QEMU GA を設定するために必要な具体的な手順は、仮想マシンが使用するゲストオペレーティングシステムによって異なります。

5.1. Linux ゲストでの QEMU ゲストエージェントの有効化

RHEL ホストが Linux 仮想マシン上で 特定の操作のサブセット を実行できるようにするには、QEMU ゲストエージェント (GA) を有効にする必要があります。

実行中の仮想マシンとシャットダウンした仮想マシンの両方で、QEMU GA を有効にできます。

手順

  1. QEMU GA の XML 設定ファイル (例: qemuga.xml) を作成します。

    # touch qemuga.xml
  2. ファイルに以下の行を追加します。

    <channel type='unix'>
       <source mode='bind' path='/var/lib/libvirt/qemu/f16x86_64.agent'/>
       <target type='virtio' name='org.qemu.guest_agent.0'/>
    </channel>
  3. XML ファイルを使用して、仮想マシンの設定に QEMU GA を追加します。

    • 仮想マシンが実行中の場合は、次のコマンドを使用します。

      # virsh attach-device <vm-name> qemuga.xml --live --config
    • 仮想マシンがシャットダウンされている場合は、次のコマンドを使用します。

      # virsh attach-device <vm-name> qemuga.xml --config
  4. Linux ゲストオペレーティングシステムで、QEMU GA をインストールします。

    # yum install qemu-guest-agent
  5. ゲストで QEMU GA サービスを起動します。

    # systemctl start qemu-guest-agent

検証

QEMU GA が Linux 仮想マシンで有効化および実行されていることを確認するには、次のいずれかを実行します。

  • ゲストオペレーティングシステムで、systemctl status qemu-guest-agent | grep Loaded コマンドを使用します。出力に enabled が含まれる場合、仮想マシン上で QEMU GA がアクティブになっています。
  • ホストで virsh domfsinfo <vm-name> コマンドを使用します。何らかの出力が表示された場合、指定した仮想マシン上で QEMU GA がアクティブになっています。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.