検索

6.4. カスタム RPM リポジトリーの追加

download PDF

以下の手順を使用して、Satellite でカスタム RPM リポジトリーを追加します。Satellite Web UI の代わりに CLI を使用する場合は、CLI 手順 を参照してください。

Satellite Web UI の製品ウィンドウには、リポジトリーの検出 機能があり、URL からすべてのリポジトリーを見つけ、どのリポジトリーを自分のカスタム製品に追加するかを選択できます。例えば、Repo Discoveryを使用して、さまざまな Red Hat Enterprise Linux のバージョンやアーキテクチャーの http://yum.postgresql.org/9.5/redhat/を検索し、異なる Red Hat Enterprise Linux のバージョンやアーキテクチャーのすべてのリポジトリーをリストアップすることができます。これにより、1 つのソースから複数のリポジトリーをインポートする時間を節約できます。

カスタム RPM のサポート

Red Hat は、サードパーティーのサイトから直接アップストリームの RPM をサポートしていません。これらの RPM は同期プロセスのデモに使用されます。これらの RPM に関する問題については、サードパーティーの開発者に連絡してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、Content > Products に移動し、使用する製品を選択してから New Repository をクリックします。
  2. Name フィールドに、リポジトリーの名前を入力します。Satellite では、Name に入力した内容に基づいて Label フィールドに自動的に入力されます。
  3. オプション: Description フィールドに、新規リポジトリーの説明を入力します。
  4. タイプ のリストから、リポジトリーのタイプとして yum を選択します。
  5. オプション: Restrict to Architecture のリストから、アーキテクチャーを選択します。アーキテクチャーに関係なく、すべてのホストでリポジトリーを利用できるようにする場合は、No restriction を選択してください。
  6. オプション: Restrict to OS Version の一覧から、OS バージョンを選択します。OS のバージョンに関係なく、すべてのホストでリポジトリーを利用できるようにする場合は、No restriction を選択してください。
  7. オプション: Upstream URL フィールドに、ソースとして使用する外部リポジトリーの URL を入力します。Satellite は、http://https://、および file:// の 3 つのプロトコルをサポートしています。file:// リポジトリーを使用している場合は、/var/lib/pulp/sync_imports/ ディレクトリーの下に配置する必要があります。

    アップストリーム URL を入力しない場合は、パッケージを手動でアップロードできます。

  8. オプション: Ignore SRPMs のチェックボックスをオンにして、ソース RPM パッケージを Satellite との同期から除外します。
  9. アップストリームのリポジトリーの SSL 証明書が信頼できる CA によって署名されていることを確認する場合は、Verify SSL のチェックボックスを選択します。
  10. オプション: 認証に必要な場合は、Upstream Username フィールドに、アップストリームリポジトリーのユーザー名を入力します。リポジトリーに認証が必要ない場合は、このフィールドをクリアします。
  11. オプション: Upstream Password フィールドに、アップストリームリポジトリーに対応するパスワードを入力します。リポジトリーに認証が必要ない場合は、このフィールドをクリアします。
  12. オプション: アップストリームの認証トークン フィールドに、認証用のアップストリームリポジトリーユーザーのトークンを指定します。リポジトリーに認証が必要ない場合は、このフィールドを空欄のままにします。
  13. ダウンロードポリシー リストから、Satellite Server が実行する同期の種類を選択します。詳細は、「ダウンロードポリシーの概要」 を参照してください。
  14. ミラーリングポリシー リストから、Satellite Server が実行するコンテンツの同期のタイプを選択します。詳細は、「ミラーリングポリシーの概要」 を参照してください。
  15. オプション: Retain package versions フィールドに、パッケージごとに保持するバージョンの数を入力します。
  16. HTTP Proxy Policy フィールドで、HTTP プロキシーを選択します。
  17. Checksumの一覧から、リポジトリーのチェックサムタイプを選択します。
  18. オプション: Unprotected のチェックボックスをオフにして、このリポジトリーにアクセスするためにサブスクリプションエンタイトルメント証明書を要求することができます。デフォルトでは、リポジトリーは HTTP 経由で公開されます。
  19. オプション: GPG Key の一覧から、製品の GPG キーを選択します。
  20. オプション: SSL CA Cert フィールドで、リポジトリーの SSL CA 証明書を選択します。
  21. オプション: SSL Client cert フィールドで、リポジトリーの SSL Client Certificate を選択します。
  22. オプション: SSL Client Key フィールドで、リポジトリーの SSL Client Key を選択します。
  23. Save をクリックして、リポジトリーを作成します。

CLI 手順

  1. 以下のコマンドを実行してリポジトリーを作成します。

    # hammer repository create \
    --arch "My_Architecture" \
    --content-type "yum" \
    --gpg-key-id My_GPG_Key_ID \
    --name "My_Repository" \
    --organization "My_Organization" \
    --os-version "My_OS_Version" \
    --product "My_Product" \
    --publish-via-http true \
    --url My_Upstream_URL

続行して、リポジトリーを同期します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.