検索

第6章 コンテンツのインポート

download PDF

本章では、さまざまな種類のカスタムコンテンツを Satellite にインポートする方法を概説します。RPM、ファイル、または異なるコンテンツタイプを Satellite にインポートする場合は、本章のほぼ同じ手順で実行されます。

たとえば、特定のタイプのカスタムコンテンツの情報については、以下の章を使用できますが、基本的な手順は同じです。

6.1. Satellite での製品およびリポジトリーの使用

Satellite における Red Hat コンテンツとカスタムコンテンツの両方に類似点があります。

  • 製品とそのリポジトリー間の関係は同じであり、リポジトリーは引き続き同期する必要があります。
  • カスタム製品には、クライアントがアクセスするサブスクリプション (Red Hat 製品に対するサブスクリプションと同様) が必要です。Satellite は、作成するカスタム製品ごとにサブスクリプションを作成します。

Red Hat コンテンツはすでに製品に分類されています。たとえば、Red Hat Enterprise Linux Server は Satellite の 製品 です。その製品のリポジトリーは、異なるバージョン、アーキテクチャー、アドオンで設定されます。Red Hat リポジトリーの場合、製品はリポジトリーを有効にした後に自動的に作成されます。詳細は、「Red Hat リポジトリーの有効化」 を参照してください。

他のカスタムコンテンツは、必要に応じて製品に分類できます。たとえば、EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux) 製品を作成し、EPEL 7 x86_64 リポジトリーを追加します。

RPM の作成とパッケージングの詳細については、Red Hat Enterprise Linux ドキュメントのRPM パッケージングガイドを参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.