検索

9.9. エクスポートの追跡

download PDF

Satellite はすべてのエクスポートの記録を保持します。アップストリームの Satellite Server でコンテンツをエクスポートするたびに、エクスポートは記録され、将来のクエリーのために維持されます。レコードを使用して、エクスポートを整理および管理できます。これは、特に増分的にエクスポートする場合に役立ちます。

アップストリームの Satellite Server からいくつかのダウンストリームの Satellite Server 用にコンテンツをエクスポートする場合、特定のサーバー用にエクスポートされたコンテンツを追跡することもできます。これにより、どのコンテンツがどこにエクスポートされたかを追跡できます。

エクスポート中に --destination-server 引数を使用して、ターゲットサーバーを指定します。このオプションは、すべての content-export 操作で利用できます。

ライブラリーエクスポートの宛先の追跡

  • ライブラリーをエクスポートするときの宛先サーバーを指定します。

    # hammer content-export complete library \
    --destination-server=My_Downstream_Server_1 \
    --organization="My_Organization" \
    --version=1.0

コンテンツビューのエクスポート先の追跡

  • コンテンツビューバージョンをエクスポートするときの宛先サーバーを指定します。

    # hammer content-export complete version \
    --content-view="Content_View_Name" \
    --destination-server=My_Downstream_Server_1 \
    --organization="My_Organization" \
    --version=1.0

エクスポートレコードのクエリー

  • 次のコマンドを使用して、コンテンツエクスポートをリスト表示します。

    # hammer content-export list --organization="My_Organization"
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.