検索

第2章 コンテンツタイプの概要

download PDF

Red Hat Satellite を使用すると、以下のコンテンツタイプを管理できます。

RPM パッケージ
RPM パッケージを、Red Hat サブスクリプションに関連するリポジトリーからインポートします。Satellite Server は、Red Hat のコンテンツ配信ネットワークから RPM ファイルをダウンロードし、ローカルに保存します。コンテンツビューでは、これらのリポジトリーと RPM ファイルを使用できます。
キックスタートツリー
システムを作成するためのキックスタートツリーをインポートします。新しいシステムは、ネットワーク経由でこれらのキックスタートツリーにアクセスしてインストールのベースコンテンツとして使用します。また、Red Hat Satellite には、事前定義済みのキックスタートテンプレートが複数含まれ、独自のキックスタートテンプレートを作成することも含まれており、システムのプロビジョニングやインストールのカスタマイズに使用されます。

Satellite で他のタイプのカスタムコンテンツを管理することもできます。以下に例を示します。

ISO および KVM イメージ
インストールおよびプロビジョニングのメディアをダウンロードして管理します。たとえば、Satellite は、特定の Red Hat Enterprise Linux および Red Hat 以外のオペレーティングシステムの ISO イメージおよびゲストイメージをダウンロード、保存、および管理します。

以下の手順を使用して、SSL 証明書や OVAL ファイルなど、必要なあらゆるタイプのコンテンツにカスタムコンテンツを追加できます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.