検索

6.13. カスタムポートでコンテンツの同期を許可する SELinux の設定

download PDF

SELinux は、特定のポートでのみコンテンツの同期のために Satellite へのアクセスを許可します。デフォルトでは、次のポートで実行されている Web サーバーへの接続が許可されています: 80、81、443、488、8008、8009、8443、および 9000。

手順

  1. Satellite で、コンテンツの同期用に SELinux が許可するポートを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    # semanage port -l | grep ^http_port_t
    http_port_t     tcp      80, 81, 443, 488, 8008, 8009, 8443, 9000
  2. コンテンツ同期用のポート (例: 10011) を許可するように SELinux を設定するには、以下のようにコマンドを入力します。

    # semanage port -a -t http_port_t -p tcp 10011
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.