検索

3.3. マルチノードの ZooKeeper クラスターの実行

download PDF

この手順では、ZooKeeper をマルチノードクラスターとして設定および実行する方法を説明します。

注記

ZooKeeper 3.5.7 では、使用する前に 4 文字の単語 コマンドを許可リストに追加する必要があります。詳細は、ZooKeeper ドキュメント を参照してください。

前提条件

  • AMQ Streams は、ZooKeeper クラスターノードとして使用されるすべてのホストにインストールされます。

クラスターの実行

  1. /var/lib/zookeeper/myid ファイルを作成します。最初の ZooKeeper ノードの ID 1、次の ZooKeeper ノードの 2 を入力します。

    su - kafka
    echo "<NodeID>" > /var/lib/zookeeper/myid

    以下に例を示します。

    su - kafka
    echo "1" > /var/lib/zookeeper/myid
  2. 以下のように ZooKeeper の /opt/kafka/config/zookeeper.properties 設定ファイルを編集します。

    • dataDir オプションを /var/lib/zookeeper/ に設定します。
    • initLimit および syncLimit オプションを設定します。
    • reconfigEnabled および standaloneEnabled オプションを設定します。
    • すべての ZooKeeper ノードのリストを追加します。一覧には現在のノードも含まれます。

      5 メンバーを持つ ZooKeeper クラスターのノードの設定例

      timeTick=2000
      dataDir=/var/lib/zookeeper/
      initLimit=5
      syncLimit=2
      reconfigEnabled=true
      standaloneEnabled=false
      
      server.1=172.17.0.1:2888:3888:participant;172.17.0.1:2181
      server.2=172.17.0.2:2888:3888:participant;172.17.0.2:2181
      server.3=172.17.0.3:2888:3888:participant;172.17.0.3:2181
      server.4=172.17.0.4:2888:3888:participant;172.17.0.4:2181
      server.5=172.17.0.5:2888:3888:participant;172.17.0.5:2181

  3. デフォルトの設定ファイルで ZooKeeper を起動します。

    su - kafka
    /opt/kafka/bin/zookeeper-server-start.sh -daemon /opt/kafka/config/zookeeper.properties
  4. ZooKeeper が稼働していることを確認します。

    jcmd | grep zookeeper
  5. クラスターのすべてのノードでこの手順を繰り返します。
  6. クラスターのすべてのノードを起動して実行したら、ncat ユーティリティーを使用して各ノードに stat コマンドを送信して、すべてのノードがクラスターのメンバーであることを確認します。

    ncat stat を使用してノードのステータスを確認します。

    echo stat | ncat localhost 2181

    この出力に、ノードが leader または follower のいずれかであることが確認できます。

    ncat コマンドの出力例

    ZooKeeper version: 3.4.13-2d71af4dbe22557fda74f9a9b4309b15a7487f03, built on 06/29/2018 00:39 GMT
    Clients:
     /0:0:0:0:0:0:0:1:59726[0](queued=0,recved=1,sent=0)
    
    Latency min/avg/max: 0/0/0
    Received: 2
    Sent: 1
    Connections: 1
    Outstanding: 0
    Zxid: 0x200000000
    Mode: follower
    Node count: 4

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.