検索

18.4.2. Kafka Connect のアップグレード

download PDF

この手順では、ホストマシンで Kafka Connect クラスターをアップグレードする方法を説明します。

Kafka Connect はクライアントアプリケーションで、クライアントをアップグレードするために選択したストラテジーに組み込む必要があります。詳細は、「 クライアントをアップグレードするストラテジー 」を参照してください。

前提条件

  • kafka ユーザーとして Red Hat Enterprise Linux にログインしている。
  • Kafka Connect は起動していません。

手順

AMQ Streams クラスターの各 Kafka ブローカーと 1 つずつ、以下の 1 つに対して以下を行います。

  1. カスタマーポータルから AMQ Streams アーカイブを ダウンロード します。

    注記

    要求されたら、Red Hat アカウントにログインします。

  2. コマンドラインで一時ディレクトリーを作成し、amq-streams-x.y.z-bin.zip ファイルの内容を展開します。

    mkdir /tmp/kafka
    unzip amq-streams-x.y.z-bin.zip -d /tmp/kafka
  3. 実行している場合は、ホストで実行している Kafka ブローカーおよび ZooKeeper を停止します。

    /opt/kafka/bin/kafka-server-stop.sh
    /opt/kafka/bin/zookeeper-server-stop.sh
  4. 既存のインストールから libsbin、および docs ディレクトリーを削除します。

    rm -rf /opt/kafka/libs /opt/kafka/bin /opt/kafka/docs
  5. 一時ディレクトリーから libsbin、および docs ディレクトリーをコピーします。

    cp -r /tmp/kafka/kafka_y.y-x.x.x/libs /opt/kafka/
    cp -r /tmp/kafka/kafka_y.y-x.x.x/bin /opt/kafka/
    cp -r /tmp/kafka/kafka_y.y-x.x.x/docs /opt/kafka/
  6. 一時ディレクトリーを削除します。

    rm -r /tmp/kafka
  7. スタンドアロンまたは分散モードで Kafka Connect を起動します。

    • スタンドアロンモードで開始するには、connect-standalone.sh スクリプトを実行します。Kafka Connect スタンドアロン設定ファイルおよび Kafka Connect コネクターの設定ファイルを指定します。

      su - kafka
      /opt/kafka/bin/connect-standalone.sh /opt/kafka/config/connect-standalone.properties connector1.properties
      [connector2.properties ...]
    • 分散モードで起動するには、すべての Kafka Connect ノードで /opt/kafka/config/connect-distributed.properties 設定ファイルを使用して Kafka Connect ワーカーを起動します。

      su - kafka
      /opt/kafka/bin/connect-distributed.sh /opt/kafka/config/connect-distributed.properties
  8. Kafka Connect が実行されていることを確認します。

    • スタンドアロンモードでは、以下のようになります。

      jcmd | grep ConnectStandalone
    • Distributed モードでは以下を行います。

      jcmd | grep ConnectDistributed
  9. Kafka Connect が想定どおりにデータを生成し、消費していることを確認します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.