検索

3.4.2. DIGEST-MD5 を使用したサーバー間の認証の有効化

download PDF

この手順では、ZooKeeper クラスターのノード間で SASL DIGEST-MD5 メカニズムを使用して認証を有効にする方法を説明します。

前提条件

  • AMQ Streams がホストにインストールされていること。
  • ZooKeeper クラスターは複数のノードで 設定され ます。

SASL DIGEST-MD5 認証の有効化

  1. すべての ZooKeeper ノードで /opt/kafka/config/zookeeper-jaas.conf JAAS 設定ファイルを作成または編集し、以下のコンテキストを追加します。

    QuorumServer {
           org.apache.zookeeper.server.auth.DigestLoginModule required
           user_<Username>="<Password>";
    };
    
    QuorumLearner {
           org.apache.zookeeper.server.auth.DigestLoginModule required
           username="<Username>"
           password="<Password>";
    };

    ユーザー名とパスワードは JAAS コンテキストの両方で同じである必要があります。以下に例を示します。

    QuorumServer {
           org.apache.zookeeper.server.auth.DigestLoginModule required
           user_zookeeper="123456";
    };
    
    QuorumLearner {
           org.apache.zookeeper.server.auth.DigestLoginModule required
           username="zookeeper"
           password="123456";
    };
  2. すべての ZooKeeper ノードで /opt/kafka/config/zookeeper.properties ZooKeeper 設定ファイルを編集し、以下のオプションを設定します。

    quorum.auth.enableSasl=true
    quorum.auth.learnerRequireSasl=true
    quorum.auth.serverRequireSasl=true
    quorum.auth.learner.loginContext=QuorumLearner
    quorum.auth.server.loginContext=QuorumServer
    quorum.cnxn.threads.size=20
  3. すべての ZooKeeper ノードを 1 つずつ再起動します。JAAS 設定を ZooKeeper に渡すには、KAFKA_OPTS 環境変数を使用します。

    su - kafka
    export KAFKA_OPTS="-Djava.security.auth.login.config=/opt/kafka/config/zookeeper-jaas.conf"; /opt/kafka/bin/zookeeper-server-start.sh -daemon /opt/kafka/config/zookeeper.properties

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.