検索

7.4. Kafka クラスターのスケールアップ

download PDF

この手順では、Kafka クラスターでブローカーの数を増やす方法を説明します。

前提条件

  • 既存の Kafka クラスター。
  • AMQ ブローカーが インストールされ た新しいマシン。
  • 拡大されたクラスターでパーティションをブローカーに 再割り当てする方法の再割り当て JSON ファイル

手順

  1. クラスターの他のブローカーと同じ設定を使用して、新しいブローカーの設定ファイルを作成します。ただし、broker.id は他のブローカーによって使用されていない数字である必要があります。
  2. 前のステップで作成した設定ファイルを引数として kafka-server-start.sh スクリプトに渡す新しい Kafka ブローカーを起動します。

    su - kafka
    /opt/kafka/bin/kafka-server-start.sh -daemon /opt/kafka/config/server.properties
  3. Kafka ブローカーが稼働していることを確認します。

    jcmd | grep Kafka
  4. 新しいブローカーごとに上記の手順を繰り返します。
  5. kafka-reassign-partitions.sh コマンドラインツールを使用して、パーティションの再割り当てを実行します。

    kafka-reassign-partitions.sh --zookeeper <ZooKeeperHostAndPort> --reassignment-json-file <ReassignmentJsonFile> --execute

    レプリケーションをスロットルで調整する場合、--throttle とブローカー間のスロットル率 (バイト/秒単位) を渡すこともできます。以下に例を示します。

    kafka-reassign-partitions.sh --zookeeper zookeeper1:2181 --reassignment-json-file reassignment.json --throttle 5000000 --execute

    このコマンドは、2 つの再割り当て JSON オブジェクトを出力します。最初の JSON オブジェクトには、移動されたパーティションの現在の割り当てが記録されます。後で再割り当てを元に戻す必要がある場合に備えて、これをファイルに保存する必要があります。2 つ目の JSON オブジェクトは、再割り当て JSON ファイルに渡した目的の再割り当てです。

  6. 再割り当ての最中にスロットルを変更する必要がある場合は、同じコマンドラインに別のスロットル率を指定して実行します。以下に例を示します。

    kafka-reassign-partitions.sh --zookeeper zookeeper1:2181 --reassignment-json-file reassignment.json --throttle 10000000 --execute
  7. kafka-reassign-partitions.sh コマンドラインツールを使用して、再割り当てが完了したかどうかを定期的に確認します。これは先ほどの手順と同じコマンドですが、--execute オプションの代わりに --verify オプションを使用します。

    kafka-reassign-partitions.sh --zookeeper <ZooKeeperHostAndPort> --reassignment-json-file <ReassignmentJsonFile> --verify

    以下に例を示します。

    kafka-reassign-partitions.sh --zookeeper zookeeper1:2181 --reassignment-json-file reassignment.json --verify
  8. --verify コマンドによって、移動した各パーティションが正常に完了したことが報告されると、再割り当ては終了します。この最終的な --verify によって、結果的に再割り当てスロットルも削除されます。割り当てを元のブローカーに戻すために JSON ファイルを保存した場合は、ここでそのファイルを削除できます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.