検索

23.3. CoS 定義の例を使用した LDIF ファイルの作成

download PDF
dsctl ldifgen cos-def コマンドを使用して、Class of Service (CoS) 定義を持つ LDIF ファイルを作成します。たとえば、従来の CoS 定義を ou=cos definitions,dc=example,dc=com エントリーに追加する /tmp/cos-definition.ldif という名前の LDIF ファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。
# dsctl instance_name ldifgen cos-def Postal_Def --type classic --parent "ou=cos definitions,dc=example,dc=com" --cos-specifier businessCatagory --cos-template "cn=sales,cn=classicCoS,dc=example,dc=com" --cos-attr postalcode telephonenumber --ldif-file /tmp/cos-definition.ldif
この例で使用されるオプションの詳細や、LDIF ファイルの作成を設定する他のオプションの詳細は、次のコマンドを実行します。
# dsctl instance_name ldifgen cos-def --help
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.