検索

15.20. レプリケーションのタイムアウト期間の設定

download PDF
ディレクトリーに更新を送信するには、サプライヤーには、コンシューマーへの排他的な接続が必要です。「マルチサプライヤーレプリケーションにおけるコンシューマーの独占を防ぐ」で説明したように、コンシューマーへの接続を試みるサプライヤーに待機時間を設定し、コンシューマーが別のサプライヤーと関連付けられている間にサプライヤーがハングしないようにすることができます。
また、サプライヤーにタイムアウト期間を設定し、低速な接続や破損した接続で更新の送信をやり直してもコンシューマーに接続し続けないようにすることもできます。
タイムアウト期間を設定する属性は 2 つあります。
  • nsDS5ReplicaTimeout は、レプリケーション操作がコンシューマーからの応答を待ってから、タイムアウトして失敗するまでの秒数を設定します。最適な数値を設定するには、アクセスログでレプリケーション処理にかかる平均時間を確認し、それに合わせてタイムアウト期間を設定します。
  • nsDS5DebugReplicaTimeout は、デバッグロギングが有効な場合にレプリケーション操作のタイムアウト期間を設定します。デバッグロギングではディレクトリー操作が遅くなる可能性があるため、この設定は nsDS5ReplicaTimeout 設定よりも大幅に高くなる可能性があります。この属性は任意で、このパラメーターが適用されるエラーログレベルを設定できます。デフォルトはレプリケーションのデバッグ (8192) です。
これらの属性はどちらも、レプリケートされた接尾辞のレプリケーションアグリーメントで設定されます。
# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -x

dn: cn=example-agreement,cn=replica,cn=dc\3Dexample\2Cdc\3Dcom,cn=mapping tree,cn=config
changetype: modify
add: nsDS5ReplicaTimeout
nsDS5ReplicaTimeout: 600
-
add: nsDS5DebugReplicaTimeout
nsDS5DebugReplicaTimeout: 6000
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.