検索

第5章 参照整合性の維持

download PDF
参照整合性 は、関連するエントリー間の関係を維持するデータベースメカニズムです。Directory Server では、参照整合性を使用して、ディレクトリー内の 1 つのエントリーへの更新が、更新されたエントリーを参照するその他のエントリーに適切に反映されるようにします。
たとえば、ユーザーのエントリーがディレクトリーから削除され、参照整合性が有効になると、サーバーはユーザーがメンバーとなるグループからユーザーも削除します。参照整合性が有効になっていないと、ユーザーは管理者が手動で削除するまでグループのメンバーのままになります。これは、ユーザーおよびグループの管理のディレクトリーに依存する他の製品と Directory Server を統合する場合に重要な機能です。

5.1. 参照整合性の仕組み

Referential Integrity Postoperation プラグインを有効にすると、削除または名前変更の操作直後に、指定した属性で整合性の更新を実行します。デフォルトでは、Referential Integrity Postoperation プラグインは無効になっています。
注記
マルチサプライヤーレプリケーション環境では、すべてのサプライヤーで Referential Integrity Postoperation プラグインを有効にする必要があります。
ディレクトリー内のユーザーまたはグループエントリーを削除、名前変更、または移動すると、その操作は Referential Integrity ログファイルに記録されます。ログファイル内の識別名 (DN) の場合、Directory Server はプラグイン設定に設定された属性を定期的に検索および更新します。
  • エントリーの場合は、ログファイルで削除済みと表示され、ディレクトリーの対応する属性が削除されます。
  • エントリーの場合は、ログファイルで名前が変更または移動済みと表示され、ディレクトリーの対応する属性の名前が変わります。
デフォルトでは、Referential Integrity Postoperation プラグインを有効にすると、削除 または 名前変更 操作の直後に memberuniquememberowner、およびseeAlso 属性の整合性更新が実行されます。ただし、Referential Integrity Postoperation プラグインの動作は、ディレクトリーのニーズに応じて複数の方法で設定できます。
  • レプリケーション変更ログに整合性の更新を記録します。
  • 更新間隔を変更します。
  • 参照整合性を適用する属性を選択します。
  • 参照整合性を無効にします。
参照整合性で使用される属性はすべて存在、等価性、従属文字列のために、必ず インデックス化する必要があります。これらの属性をインデックス化しないと、変更操作および削除操作のためにサーバーのパフォーマンスが低下します。
nsIndexType: pres
nsIndexType: eq
nsIndexType: sub
インデックスの確認および作成に関する詳細は、「標準インデックスの作成」を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.