検索

6.11. 特定のベースラインを使用したコンテナーまたはコンテナーイメージのセキュリティーコンプライアンスの評価

download PDF

コンテナーまたはコンテナーイメージが、Operating System Protection Profile (OSPP)、Payment Card Industry Data Security Standard (PCI-DSS)、Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA) などの特定のセキュリティーベースラインに準拠しているかどうかを評価できます。

前提条件

  • openscap-utils パッケージおよび scap-security-guide パッケージがインストールされている。
  • システムへの root アクセス権があります。

手順

  1. コンテナーまたはコンテナーイメージの ID を取得します。以下に例を示します。

    # podman images
    REPOSITORY                            TAG      IMAGE ID       CREATED       SIZE
    registry.access.redhat.com/ubi9/ubi   latest   096cae65a207   7 weeks ago   239 MB
  2. コンテナーイメージがプロファイルに準拠しているかどうかを評価し、スキャン結果をファイルに保存します。

    # oscap-podman <imageID> xccdf eval --report <scan-report.html> --profile <profileID> /usr/share/xml/scap/ssg/content/ssg-rhel9-ds.xml

    以下を置き換えます。

    • <imageID> は、コンテナーイメージの ID です。
    • <scan-report.html> は、oscap がスキャン結果を保存するファイル名です。
    • <profileID> は、システムが準拠する必要があるプロファイル ID (例: hipaaospppci-dss) です。

検証

  • 結果をブラウザーで確認します。以下に例を示します。

    $ firefox <scan-report.html> &amp;
注記

notapplicable とマークされたルールは、コンテナー化されたシステムには適用されません。これらのルールは、ベアメタルおよび仮想化システムにのみ適用されます。

関連情報

  • oscap-podman(8) および scap-security-guide(8) の man ページ。
  • /usr/share/doc/scap-security-guide/ ディレクトリー。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.