検索

3.3. システム全体の暗号化ポリシーを、以前のリリースと互換性のあるモードに切り替え

download PDF

Red Hat Enterprise Linux 9 におけるデフォルトのシステム全体の暗号化ポリシーでは、現在は古くて安全ではないプロトコルは許可されません。Red Hat Enterprise Linux 6 およびそれ以前のリリースとの互換性が必要な場合には、安全でない LEGACY ポリシーレベルを利用できます。

警告

LEGACY ポリシーレベルに設定すると、システムおよびアプリケーションの安全性が低下します。

手順

  1. システム全体の暗号化ポリシーを LEGACY レベルに切り替えるには、root で以下のコマンドを実行します。

    # update-crypto-policies --set LEGACY
    Setting system policy to LEGACY

関連情報

  • 利用可能な暗号化ポリシーのレベルは、update-crypto-policies(8) の man ページを参照してください。
  • カスタム暗号化ポリシーの定義については、man ページの update-crypto-policies (8)Custom Policies セクションと、crypto-policies(7)Crypto Policy Definition Format セクションを参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.