検索

9.5. 独立したヘッダーがある LUKS2 を使用してブロックデバイスの既存データの暗号化

download PDF

LUKS ヘッダーを保存するための空き領域を作成せずに、ブロックデバイスの既存のデータを暗号化できます。ヘッダーは、追加のセキュリティー層としても使用できる、独立した場所に保存されます。この手順では、LUKS2 暗号化形式を使用します。

前提条件

  • ブロックデバイスにファイルシステムがある。
  • データのバックアップを作成している。

    警告

    ハードウェア、カーネル、または人的ミスにより、暗号化プロセス時にデータが失われる場合があります。データの暗号化を開始する前に、信頼性の高いバックアップを作成してください。

手順

  1. 以下のように、そのデバイスのファイルシステムをすべてアンマウントします。

    # umount /dev/nvme0n1p1
  2. 暗号化を初期化します。

    # cryptsetup reencrypt --encrypt --init-only --header /home/header /dev/nvme0n1p1 nvme_encrypted
    
    WARNING!
    ========
    Header file does not exist, do you want to create it?
    
    Are you sure? (Type 'yes' in capital letters): YES
    Enter passphrase for /home/header:
    Verify passphrase:
    /dev/mapper/nvme_encrypted is now active and ready for online encryption.

    /home/header は、独立した LUKS ヘッダーを持つファイルへのパスに置き換えます。後で暗号化したデバイスのロックを解除するために、独立した LUKS ヘッダーにアクセスできる必要があります。

  3. デバイスをマウントします。

    # mount /dev/mapper/nvme_encrypted /mnt/nvme_encrypted
  4. オンライン暗号化を再開します。

    # cryptsetup reencrypt --resume-only --header /home/header /dev/nvme0n1p1
    
    Enter passphrase for /dev/nvme0n1p1:
    Auto-detected active dm device 'nvme_encrypted' for data device /dev/nvme0n1p1.
    Finished, time 00m51s,   10 GiB written, speed 198.2 MiB/s

検証

  1. 独立したヘッダーがある LUKS2 を使用するブロックデバイスの既存のデータが暗号化されているかどうかを確認します。

    # cryptsetup luksDump /home/header
    
    LUKS header information
    Version:       	2
    Epoch:         	88
    Metadata area: 	16384 [bytes]
    Keyslots area: 	16744448 [bytes]
    UUID:          	c4f5d274-f4c0-41e3-ac36-22a917ab0386
    Label:         	(no label)
    Subsystem:     	(no subsystem)
    Flags:       	(no flags)
    
    Data segments:
      0: crypt
    	offset: 0 [bytes]
    	length: (whole device)
    	cipher: aes-xts-plain64
    	sector: 512 [bytes]
    [...]
  2. 暗号化された空のブロックデバイスのステータスを表示します。

    # cryptsetup status nvme_encrypted
    
    /dev/mapper/nvme_encrypted is active and is in use.
      type:    LUKS2
      cipher:  aes-xts-plain64
      keysize: 512 bits
      key location: keyring
      device:  /dev/nvme0n1p1

関連情報

  • cryptsetup(8) および cryptsetup-reencrypt(8) man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.