検索

第11章 ブリッジマッピングの設定

download PDF

本章では、Red Hat OpenStack Platform でのブリッジマッピングの設定について説明します。

11.1. ブリッジマッピングの概要

ブリッジマッピングは、物理ネットワーク名 (インターフェースラベル) を OVS または OVN で作成したブリッジに関連付けます。以下の例では、物理名 (datacentre) が外部ブリッジ (br-ex) にマッピングされます。

bridge_mappings = datacentre:br-ex

ブリッジマッピングにより、プロバイダーネットワークのトラフィックは、物理ネットワークに到達することが可能となります。トラフィックは、ルーターの qg-xxx インターフェースからプロバイダーネットワークの外部に送出されて、br-int に達します。次に OVS の場合、br-intbr-ex 間のパッチポートにより、トラフィックはプロバイダーネットワークのブリッジを通過して物理ネットワークまで到達することができます。OVN の場合は、ポートを必要とするハイパーバイザーに仮想マシンがバインドされている場合に限り、ハイパーバイザーにパッチポートが作成されます。

ルーターがスケジュールされているネットワークノードに、ブリッジマッピングを設定します。ルータートラフィックは、正しい物理ネットワーク (プロバイダーネットワーク) を使用して外部に送信されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.