検索

7.3. VLAN プロバイダーネットワークの使用

download PDF

単一の NIC 上の VLAN タグ付けされた複数のインターフェースを複数のプロバイダーネットワークに接続するには、本項の手順を実施して、インスタンスを直接外部ネットワークに接続することができる VLAN プロバイダーネットワークを作成します。以下の例では、VLAN 範囲が 171 - 172physnet1 という名前の物理ネットワークを使用します。ネットワークノードとコンピュートノードは、物理インターフェース eth1 を使用して物理ネットワークに接続されます。これらのインターフェースを接続するスイッチポートは、必要な VLAN 範囲をトランク接続するように設定する必要があります。サンプルの VLAN ID と名前を使用して VLAN プロバイダーネットワークを設定するには、以下の手順を実施します。

7.3.1. コントローラーノードの設定

1. /etc/neutron/plugin.ini (/etc/neutron/plugins/ml2/ml2_conf.ini へのシンボリックリンク) を編集して vlan メカニズムドライバーを有効にし、vlan を既存の値リストに追加します。

[ml2]
type_drivers = vxlan,flat,vlan

2. network_vlan_ranges の設定を行い、使用する物理ネットワークおよび VLAN 範囲を反映します。

[ml2_type_vlan]
network_vlan_ranges=physnet1:171:172

3. neutron-server サービスを再起動して変更を適用します。

systemctl restart neutron-server

4.外部ネットワークを種別 vlan として作成して、設定済みの physical_network に関連付けます。他のユーザーが直接インスタンスを接続できるように、外部ネットワークを作成する際に --shared を使用します。以下のサンプルコマンドを実行して、2 つのネットワーク (VLAN 171 用および VLAN 172 用) を作成します。

openstack network create
			--provider-network-type vlan
			--external
			--provider-physical-network physnet1
			--segment 171
			--share

openstack network create
			--provider-network-type vlan
			--external
			--provider-physical-network physnet1
			--segment 172
			--share

5. 複数のサブネットを作成して、外部ネットワークを使用するように設定します。openstack subnet create または Dashboard のどちらかを使用して、これらのサブネットを作成することができます。ネットワーク管理者から取得した外部サブネットの詳細が、正しく各 VLAN に関連付けられるようにします。以下の例では、VLAN 171 はサブネット 10.65.217.0/24 を、VLAN 172 は 10.65.218.0/24 を、それぞれ使用しています。

openstack subnet create
			--network provider-171
			--subnet-range 10.65.217.0/24
			--dhcp
			--gateway 10.65.217.254
			--subnet-provider-171

openstack subnet create
			--network provider-172
			--subnet-range 10.65.218.0/24
			--dhcp
			--gateway 10.65.218.254
			--subnet-provider-172
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.