検索

11.3. ブリッジマッピングの設定

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director は、事前定義された NIC テンプレートを使用して、オーバークラウドをインストールし初期ネットワーク設定を定義します。

カスタマイズした環境ファイルの NeutronBridgeMappings パラメーターを使用して、ブリッジマッピング等の初期ネットワーク設定の項目をカスタマイズすることができます。この環境ファイルを openstack overcloud deploy コマンドで指定します。

前提条件

  • ルーターがスケジュールされているネットワークノードに、ブリッジマッピングを設定する必要があります。
  • ML2/OVS および ML2/OVN DVR 構成の両方について、コンピュートノードにもブリッジマッピングを設定する必要があります。

手順

  1. カスタム環境ファイルを作成し、実際の環境に適した値で NeutronBridgeMappings heat パラメーターを追加します。

    parameter_defaults:
      NeutronBridgeMappings: "datacentre:br-ex,tenant:br-tenant"

    NeutronBridgeMappings heat パラメーターは、物理名 (datacentre) をブリッジ (br-ex) に関連付けます。

    注記

    NeutronBridgeMappings パラメーターを使用しないと、デフォルトではホストの外部ブリッジ (br-ex) を物理名 (datacentre) にマッピングします。

  2. この設定を適用するには、その他の環境ファイルと共にカスタム環境ファイルをスタックに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud) $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e [your environment files]
      -e /home/stack/templates/<custom-environment-file>.yaml
  3. 続いて、以下の手順を実施します。

    1. ネットワークの VLAN 範囲を使用して、対応する外部ネットワークを表すプロバイダーネットワークを作成します。(neutron プロバイダーネットワークまたは Floating IP ネットワークを作成する際には、物理名を使用します。)
    2. ルーターインターフェースを使用して、外部ネットワークをプロジェクトネットワークに接続します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.