検索

8.4.4. Cumulus Linux スイッチでのアクセスポートの設定

download PDF
  • ネットワークレイアウト例」の図に示した例を使用して、swp1 (Cumulus Linux スイッチ上) をアクセスポートとして設定します。

    この設定では、物理ノードの NIC がイーサネットケーブルにより物理スイッチのインターフェースに接続されていることを前提としています。Cumulus Linux スイッチは、管理インターフェースに eth を、アクセス/トランクポートに swp を使用します。

    重要

    以下に示す値は、例として提示しています。この例で使用している値を、実際の環境に合わせて変更する必要があります。これらの値を調整せずにコピーしてご自分のスイッチ設定に貼り付けると、予期せぬ機能停止を招く可能性があります。

    auto bridge
    iface bridge
      bridge-vlan-aware yes
      bridge-ports glob swp1-2
      bridge-vids 100 200
    
    
    auto swp1
    iface swp1
      bridge-access 100
    
    
    auto swp2
    iface swp2
      bridge-access 200
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.