検索

第2章 OpenStack Networking の概念

download PDF

OpenStack Networking には、ルーティング、DHCP、メタデータなどのコアサービスを管理するシステムサービスがあります。これらのサービスが 1 つにまとまって、物理サーバーに割り当てられる概念的なロールであるコントローラーノードの概念に含まれます。物理サーバーは通常、ネットワークノード のロールが割り当てられ、インスタンスを発着するネットワークトラフィックのレイヤー 3 ルーティングを管理するタスクに特化して稼働します。OpenStack Networking では、このロールを実行する複数の物理ホストを指定することができ、ハードウェア障害が発生した場合に向けたサービスの冗長化が可能です。詳しい情報は、「レイヤー 3 の高可用性」の章を参照してください。

注記

Red Hat OpenStack Platform 11 では、コンポーザブルロールのサポートが追加され、ネットワークサービスをカスタムロール別に分類することができます。ただし、本ガイドでは、内容をわかりやすくするために、デプロイメントにはデフォルトの Controller ロールを使用することを前提とします。

2.1. OpenStack Networking (neutron) のインストール

OpenStack Networking コンポーネントは、Red Hat OpenStack Platform director デプロイメントの一部としてインストールされます。director のデプロイメントに関する詳細な情報は、『director のインストールと使用方法』を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.