検索

16.2. イメージの Web インポートソースの制御

download PDF

Web インポートによるイメージダウンロードのソースを制限することができます。そのためには、オプションの glance-image-import.conf ファイルに URI のブラックリストおよび許可リストを追加します。

3 段階のレベルで、イメージソースの URI を許可またはブロックすることができます。

  • スキームレベル (allowed_schemes、disallowed_schemes)
  • ホストレベル (allowed_hosts、disallowed_hosts)
  • ポートレベル (allowed_ports、disallowed_ports)

レベルにかかわらず、許可リストとブロックリストの両方を指定した場合には、許可リストが優先されブロックリストは無視されます。

Image サービス (glance) は、以下の判断ロジックを使用してイメージソースの URI を検証します。

  1. スキームを確認する。

    1. スキームが定義されていない場合: 拒否する。
    2. 許可リストがあり、そのスキームが許可リストに記載されていない場合: 拒否する。記載されている場合: c 項をスキップして 2 項に進む。
    3. ブロックリストがあり、そのスキームがブロックリストに記載されている場合: 拒否する。
  2. ホスト名を確認する。

    1. ホスト名が定義されていない場合: 拒否する。
    2. 許可リストがあり、そのホスト名が許可リストに記載されていない場合: 拒否する。記載されている場合: c 項をスキップして 3 項に進む。
    3. ブロックリストがあり、そのホスト名がブロックリストに記載されている場合: 拒否する。
  3. URI にポートが含まれていれば、ポートを確認する。

    1. 許可リストがあり、そのポートが許可リストに記載されていない場合: 拒否する。記載されている場合: b 項をスキップして 4 項に進む。
    2. ブロックリストがあり、そのポートがブロックリストに記載されている場合: 拒否する。
  4. 有効な URI として受け入れる。

(許可リストに追加する、あるいはブロックリストに登録しないことにより) スキームを許可した場合には、URI にポートを含めないことでそのスキームのデフォルトポートを使用する URI は、すべて許可されます。URI にポートが含まれている場合には、URI はデフォルトの判断ロジックに従って検証されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.