検索

15.7. 環境ファイルの準備と novajoin 登録によるオーバークラウドのデプロイ

download PDF

IdM 統合でオーバークラウドをデプロイするには、環境ファイルを作成および編集し、オーバークラウドで定義するドメインに基づいて、カスタムドメインパラメーター CloudDomain および CloudName を使用するようにオーバークラウドを設定します。次に、すべての環境ファイルとデプロイメントに必要な追加の環境ファイルを指定して、オーバークラウドをデプロイします。

手順

  1. /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/predictable-placement/custom-domain.yaml 環境ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/predictable-placement/custom-domain.yaml \
      /home/stack/templates/custom-domain.yaml
  2. /home/stack/templates/custom-domain.yaml 環境ファイルを編集して、デプロイメントに適した CloudDomainCloudName* の値を設定します。

    parameter_defaults:
      CloudDomain: lab.local
      CloudName: overcloud.lab.local
      CloudNameInternal: overcloud.internalapi.lab.local
      CloudNameStorage: overcloud.storage.lab.local
      CloudNameStorageManagement: overcloud.storagemgmt.lab.local
      CloudNameCtlplane: overcloud.ctlplane.lab.local
  3. 環境に適した TLS の実装を選択します。

    • enable-tls.yaml 環境ファイルを使用して、カスタム証明書が含まれる外部エンドポイントを保護します。

      1. /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-tls.yaml/home/stack/templates にコピーします。
      2. カスタム証明書および鍵が含まれるように /home/stack/enable-tls.yaml 環境ファイル変更します。
      3. 以下の環境ファイルをデプロイメントに追加して、内部および外部エンドポイントを保護します。

        • enable-internal-tls.yaml
        • tls-every-endpoints-dns.yaml
        • custom-domain.yaml
        • enable-tls.yaml

          openstack overcloud deploy \
            --templates \
            -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml \
            -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/tls-everywhere-endpoints-dns.yaml \
            -e /home/stack/templates/custom-domain.yaml \
            -e /home/stack/templates/enable-tls.yaml
    • haproxy-public-tls-certmonger.yaml 環境ファイルを使用して、IdM が発行した証明書が含まれる外部エンドポイントを保護します。この実装では、novajoin が使用する VIP エンドポイントの DNS エントリーを作成する必要があります。

      1. novajoin が使用する VIP エンドポイントの DNS エントリーを作成する必要があります。/home/stack/templates のカスタム network-environment.yaml ファイルにあるオーバークラウドのネットワークを特定します。

        parameter_defaults:
            ControlPlaneDefaultRoute: 192.168.24.1
            ExternalAllocationPools:
            -   end: 10.0.0.149
                start: 10.0.0.101
            InternalApiAllocationPools:
            -   end: 172.17.1.149
                start: 172.17.1.10
            StorageAllocationPools:
            -   end: 172.17.3.149
                start: 172.17.3.10
            StorageMgmtAllocationPools:
            -   end: 172.17.4.149
                start: 172.17.4.10
      2. /home/stack/public_vip.yaml などの heat テンプレートでオーバークラウドネットワークごとに仮想 IP アドレスのリストを作成します。

        parameter_defaults:
            ControlFixedIPs: [{'ip_address':'192.168.24.101'}]
            PublicVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'10.0.0.101'}]
            InternalApiVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.1.101'}]
            StorageVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.3.101'}]
            StorageMgmtVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.4.101'}]
            RedisVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.1.102'}]
      3. それぞれの VIP について、DNS エントリーおよびゾーン (必要に応じて) を IdM に追加します。

        ipa dnsrecord-add lab.local overcloud --a-rec 10.0.0.101
        ipa dnszone-add ctlplane.lab.local
        ipa dnsrecord-add ctlplane.lab.local overcloud --a-rec 192.168.24.101
        ipa dnszone-add internalapi.lab.local
        ipa dnsrecord-add internalapi.lab.local overcloud --a-rec 172.17.1.101
        ipa dnszone-add storage.lab.local
        ipa dnsrecord-add storage.lab.local overcloud --a-rec 172.17.3.101
        ipa dnszone-add storagemgmt.lab.local
        ipa dnsrecord-add storagemgmt.lab.local overcloud --a-rec 172.17.4.101
      4. 以下の環境ファイルをデプロイメントに追加して、内部および外部エンドポイントを保護します。

        • enable-internal-tls.yaml
        • tls-everywhere-endpoints-dns.yaml
        • haproxy-public-tls-certmonger.yaml
        • custom-domain.yaml
        • public_vip.yaml

          openstack overcloud deploy \
            --templates \
             -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml \
             -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/tls-everywhere-endpoints-dns.yaml \
             -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/haproxy-public-tls-certmonger.yaml \
             -e /home/stack/templates/custom-domain.yaml \
             -e /home/stack/templates/public-vip.yaml
注記

novajoin を使用して、既存のデプロイメントに TLS everywhere (TLS-e) を実装することはできません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.