検索

17.3. 外部の Object Storage クラスターの使用

download PDF

コントローラーノードでデフォルトの Object Storage サービスのデプロイメントを無効にすることによって、外部の OpenStack Object Storage (swift) クラスターを再利用することができます。これにより、Object Storage のプロキシーとストレージサービスの両方が無効になり、haproxy と OpenStack Identify (keystone) が特定の外部 Object Storage エンドポイントを使用するように設定されます。

注記

外部 Object Storage (swift) クラスター上のユーザーアカウントを手動で管理する必要があります。

前提条件

  • 外部の Object Storage クラスターのエンドポイントの IP アドレスに加えて、外部の Object Storage クラスターの proxy-server.conf ファイルの authtoken パスワードも必要です。この情報は、openstack endpoint list コマンドを使用して確認することができます。

手順

  1. 以下の内容を記載した swift-external-params.yaml という名前の新しいファイルを作成します。

    • EXTERNAL.IP:PORT は、外部プロキシーの IP アドレスとポートに置き換えます。
    • SwiftPassword の行の AUTHTOKEN は、外部プロキシーの authtoken パスワードに置き換えます。

      parameter_defaults:
        ExternalPublicUrl: 'https://EXTERNAL.IP:PORT/v1/AUTH_%(tenant_id)s'
        ExternalInternalUrl: 'http://192.168.24.9:8080/v1/AUTH_%(tenant_id)s'
        ExternalAdminUrl: 'http://192.168.24.9:8080'
        ExternalSwiftUserTenant: 'service'
        SwiftPassword: AUTHTOKEN
  2. このファイルを swift-external-params.yaml として保存します。
  3. デプロイメントに該当するその他の環境ファイルと共に、以下の外部 Object Storage サービスの環境ファイルを指定して、オーバークラウドをデプロイします。

    openstack overcloud deploy --templates \
    -e [your environment files] \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/swift-external.yaml \
    -e swift-external-params.yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.