検索

4.7. Puppet: カスタムのマニフェストの適用

download PDF

特定の状況では、追加のコンポーネントをオーバークラウドノードにインストールして設定する場合があります。そのためには、カスタムの Puppet マニフェストを使用して、主要な設定が完了してからノードに適用します。基本的な例として、各ノードに motd をインストールするケースを考えます。

手順

  1. Puppet 設定を起動する heat テンプレート ~/templates/custom_puppet_config.yaml を作成します。

    heat_template_version: 2014-10-16
    
    description: >
      Run Puppet extra configuration to set new MOTD
    
    parameters:
      servers:
        type: json
      DeployIdentifier:
        type: string
      EndpointMap:
        default: {}
        type: json
    
    resources:
      ExtraPuppetConfig:
        type: OS::Heat::SoftwareConfig
        properties:
          config: {get_file: motd.pp}
          group: puppet
          options:
            enable_hiera: True
            enable_facter: False
    
      ExtraPuppetDeployments:
        type: OS::Heat::SoftwareDeploymentGroup
        properties:
          config: {get_resource: ExtraPuppetConfig}
          servers: {get_param: servers}

    この例は、テンプレート内に /home/stack/templates/motd.pp を追加し、設定するノードに渡します。motd.pp ファイルには、motd のインストールと設定に必要な Puppet クラスが含まれています。

  2. OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: リソース種別として heat テンプレートを登録する環境ファイル (~templates/puppet_post_config.yaml) を作成します。

    resource_registry:
      OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: /home/stack/templates/custom_puppet_config.yaml
  3. ご自分のデプロイメントに該当するその他の環境ファイルと共に、この環境ファイルを openstack overcloud deploy コマンドに追加します。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
        ...
        -e /home/stack/templates/puppet_post_config.yaml \
        ...

    これにより、motd.pp からの設定がオーバークラウド内の全ノードに適用されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.