検索

13.3. 予測可能な IP の割り当て

download PDF

作成される環境をより細かく制御するために、director はそれぞれのネットワークにおいてオーバークラウドノードに特定の IP アドレスを割り当てることができます。

手順

  1. 予測可能な IP アドレス設定を定義する環境ファイルを作成します。

    $ touch ~/templates/predictive_ips.yaml
  2. ~/templates/predictive_ips.yaml ファイルに parameter_defaults セクションを作成し、以下の構文を使用してネットワークごとに各ノードの予測可能な IP アドレス設定を定義します。

    parameter_defaults:
      <role_name>IPs:
        <network>:
        - <IP_address>
        <network>:
        - <IP_address>

    各ノードロールには固有のパラメーターがあります。<role_name>IPs を該当するパラメーターに置き換えます。

    • コントローラーノードの場合は ControllerIPs
    • コンピュートノードの場合は ComputeIPs
    • Ceph Storage ノードの場合は CephStorageIPs
    • Block Storage ノードの場合は BlockStorageIPs
    • Object Storage ノードの場合は SwiftStorageIPs
    • カスタムロールの場合は [ROLE]IPs[ROLE] はロール名に置き換えます。

      各パラメーターは、アドレスのリストへのネットワーク名のマッピングです。各ネットワーク種別には、最低でもそのネットワークにあるノード数と同じ数のアドレスが必要です。director はアドレスを順番に割り当てます。各種別の最初のノードは、適切なリストにある最初のアドレスが割り当てられ、2 番目のノードは 2 番目のアドレスというように割り当てられていきます。

      たとえば、予測可能な IP アドレスを持つ 3 つの Ceph Storage ノードをオーバークラウドにデプロイする場合は、以下の構文例を使用します。

      parameter_defaults:
        CephStorageIPs:
          storage:
          - 172.16.1.100
          - 172.16.1.101
          - 172.16.1.102
          storage_mgmt:
          - 172.16.3.100
          - 172.16.3.101
          - 172.16.3.102

      最初の Ceph Storage ノードは 172.16.1.100 と 172.16.3.100 の 2 つのアドレスを取得します。2 番目は 172.16.1.101 と 172.16.3.101、3 番目は 172.16.1.102 と 172.16.3.102 を取得します。他のノード種別でも同じパターンが適用されます。

      コントロールプレーンに予測可能な IP アドレスを設定するには、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ips-from-pool-ctlplane.yaml ファイルを stack ユーザーの templates ディレクトリーにコピーします。

      $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ips-from-pool-ctlplane.yaml ~/templates/.

      以下の例に示すパラメーターで、新たな ips-from-pool-ctlplane.yaml ファイルを設定します。コントロールプレーンの IP アドレスの宣言に他のネットワークの IP アドレスの宣言を組み合わせ、1 つのファイルだけを使用してすべてのロールの全ネットワークの IP アドレスを宣言することができます。また、スパイン/リーフ型ネットワークに予測可能な IP アドレスを使用することもできます。それぞれのノードには、正しいサブネットからの IP アドレスを設定する必要があります。

      parameter_defaults:
        ControllerIPs:
          ctlplane:
          - 192.168.24.10
          - 192.168.24.11
          - 192.168.24.12
          internal_api:
          - 172.16.1.20
          - 172.16.1.21
          - 172.16.1.22
          external:
          - 10.0.0.40
          - 10.0.0.57
          - 10.0.0.104
        ComputeLeaf1IPs:
          ctlplane:
          - 192.168.25.100
          - 192.168.25.101
          internal_api:
          - 172.16.2.100
          - 172.16.2.101
        ComputeLeaf2IPs:
          ctlplane:
          - 192.168.26.100
          - 192.168.26.101
          internal_api:
          - 172.16.3.100
          - 172.16.3.101

      選択する IP アドレスは、ネットワーク環境ファイルで定義する各ネットワークの割り当てプールの範囲に入らないようにしてください。たとえば、internal_api の割り当ては InternalApiAllocationPools の範囲外にし、自動的に選択される IP との競合を避けるようにします。また、標準の予測可能な仮想 IP 配置 (「予測可能な仮想 IP の割り当て」 を参照) または外部の負荷分散 (「外部の負荷分散機能の設定」 を参照) のいずれでも、IP アドレスの割り当てが仮想 IP 設定と競合しないようにしてください。

      重要

      オーバークラウドノードが削除された場合に、そのノードのエントリーを IP のリストから削除しないでください。IP のリストは、下層の heat インデックスをベースとしています。このインデックスは、ノードを削除した場合でも変更されません。IP のリストで特定のエントリーが使用されなくなったことを示すには、IP の値を DELETED または UNUSED などに置き換えてください。エントリーは変更または追加するのみとし、IP のリストから決して削除すべきではありません。

  3. デプロイメント中にこの設定を適用するには、openstack overcloud deploy コマンドで predictive_ips.yaml 環境ファイルを指定します。

    重要

    ネットワーク分離の機能を使用する場合には、network-isolation.yaml ファイルの後に predictive_ips.yaml ファイルを追加してください。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
      -e ~/templates/predictive_ips.yaml \
      [OTHER OPTIONS]
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.