検索

20.4. ディスクレスクライアントのエクスポートしたファイルシステムの設定

download PDF

環境にリモートディスクレスシステムを設定する一環として、ディスクレスクライアント用にエクスポートしたファイルシステムを設定する必要があります。

前提条件

手順

  1. /etc/exports ディレクトリーにルートディレクトリーを追加して、ルートディレクトリーをエクスポートするようにネットワークファイルシステム (NFS) サーバーを設定します。手順の詳細は、NFS サーバーのデプロイ を参照してください。
  2. 完全にディスクレスのクライアントに対応できるように、Red Hat Enterprise Linux の完全なバージョンをルートディレクトリーにインストールします。これを行うには、新しいベースシステムをインストールするか、既存のインストールのクローンを作成します。

    • exported-root-directory をエクスポートしたファイルシステムへのパスに置き換えて、エクスポートした場所に Red Hat Enterprise Linux をインストールします。

      # yum install @Base kernel dracut-network nfs-utils --installroot=exported-root-directory --releasever=/

      releasever オプションを / に設定すると、releasever がホスト (/) システムから検出されます。

    • rsync ユーティリティーを使用して、実行中のシステムと同期します。

      # rsync -a -e ssh --exclude='/proc/' --exclude='/sys/' \ example.com:/ exported-root-directory
      • example.com は、rsync ユーティリティーで同期する実行中のシステムのホスト名に置き換えます。
      • exported-root-directory を、エクスポートしたファイルシステムへのパスに置き換えます。

        このオプションには、実行中の別のシステムが必要です。これは、このコマンドでサーバーにクローンを作成します。

ファイルシステムをディスクレスクライアントで使用するには、エクスポートの準備が完了しているファイルシステムを完全に設定する必要があります。以下の手順に従って設定を完了してください。

ファイルシステムの設定

  1. ディスクレスクライアントがサポートするカーネル (vmlinuz-_kernel-version_pass:attributes) を tftp ブートディレクトリーにコピーします。

    # cp /exported-root-directory/boot/vmlinuz-kernel-version /var/lib/tftpboot/pxelinux/
  2. initramfs-kernel-version.img ファイルをローカルに作成し、NFS をサポートするエクスポートされたルートディレクトリーに移動します。

    # dracut --add nfs initramfs-kernel-version.img kernel-version

    以下に例を示します。

    # dracut --add nfs /exports/root/boot/initramfs-5.14.0-202.el9.x86_64.img 5.14.0-202.el9.x86_64

    現在実行中のカーネルバージョンを使用し、既存のイメージを上書きして initrd を作成する例を以下に示します。

    # dracut -f --add nfs "boot/initramfs-$(uname -r).img" "$(uname -r)"
  3. initrd のファイル権限を 0644 に変更します。

    # chmod 0644 /exported-root-directory/boot/initramfs-kernel-version.img
    警告

    initrd のファイル権限を変更しないと、pxelinux.0 ブートローダーが "file not found" エラーを表示して失敗します。

  4. 作成された initramfs-kernel-version.img ファイルを tftp ブートディレクトリーにコピーします。

    # cp /exported-root-directory/boot/initramfs-kernel-version.img /var/lib/tftpboot/pxelinux/
  5. /var/lib/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルに次の設定を追加して、initrd とカーネルを使用するためのデフォルトのブート設定を編集します。

    default menu.c32
    prompt 0
    menu title PXE Boot Menu
    ontimeout rhel8-over-nfsv4.2
    timeout 120
    label rhel8-over-nfsv4.2
      menu label Install diskless rhel8{} nfsv4.2{}
      kernel $vmlinuz
      append initrd=$initramfs root=nfs4:$nfsserv:/:vers=4.2,rw rw panic=60 ipv6.disable=1 console=tty0 console=ttyS0,115200n8
    label rhel8-over-nfsv3
      menu label Install diskless rhel8{} nfsv3{}
      kernel $vmlinuz
      append initrd=$initramfs root=nfs:$nfsserv:$nfsroot:vers=3,rw rw panic=60 ipv6.disable=1 console=tty0 console=ttyS0,115200n8
    • この設定は、ディスクレスクライアントの root に、エクスポートされたファイルシステム (/exported-root-directory) を読み取り/書き込みとしてマウントするように指示します。
  6. オプション: /var/lib/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルを次の設定で編集して、ファイルシステムを 読み取り専用 形式でマウントします。

    default rhel8
    
    label rhel8
      kernel vmlinuz-kernel-version
      append initrd=initramfs-kernel-version.img root=nfs:server-ip:/exported-root-directory ro
  7. NFS サーバーを再起動します。

    # systemctl restart nfs-server.service

これで、NFS 共有をディスクレスクライアントにエクスポートできるようになりました。これらのクライアントは、Preboot Execution Environment (PXE) 経由でネットワーク経由で起動できます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.