検索

15.2. Boom Boot Manager を使用した別のバージョンへのアップグレード

download PDF

Boom Boot Manager を使用して、Red Hat Enterprise Linux オペレーティングシステムのアップグレードを実行します。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux 7.9 を実行しています。
  • lvm2-Python-boom パッケージの現在のバージョン (バージョン lvm2-Python-boom-1.2-2.el7_9.5 以降) がインストールされています。
  • スナップショットに使用できる十分な領域がある。元のインストールのサイズに基づいてサイズを推定します。マウントされているすべての論理ボリュームをリストします。
  • leapp パッケージがインストールされている。
  • ソフトウェアリポジトリーが有効になっている。
注記

追加のファイルシステムには、/usr または /var が含まれる場合があります。

手順

  1. root 論理ボリュームのスナップショットを作成します。

    • root ファイルシステムがシンプロビジョニングを使用する場合は、シンスナップショットを作成します。

      # lvcreate -s rhel/root -kn -n root_snapshot_before_changes
       Logical volume "root_snapshot_before_changes" created.

      ここでは、以下のようになります。

      • -s はスナップショットを作成します。
      • rhel/root はファイルシステムを論理ボリュームにコピーします。
      • -kn は 起動時に LV を自動的にアクティブ化します。
      • -n root_snapshot_before_changes は スナップショットの名前を表示します。

        シンスナップショットを作成している間は、スナップショットのサイズを定義することができません。スナップショットは、シンプールから割り当てられます。

    • root ファイルシステムがシックプロビジョニングを使用する場合は、シックスナップショットを作成します。

      # lvcreate -s rhel/root -n root_snapshot_before_changes -L 25g
       Logical volume "root_snapshot_before_changes" created.

      このコマンドでは、以下が行われます。

      • -s はスナップショットを作成します。
      • rhel/root はファイルシステムを論理ボリュームにコピーします。
      • -n root_snapshot_before_changes は スナップショットの名前を表示します。
      • -L 25g は スナップショットのサイズです。元のインストールのサイズに基づいてサイズを推定します。

        シックスナップショットを作成する際は、アップグレード中にすべての変更を保持できるスナップショットサイズを定義します。

        重要

        作成されたスナップショットには、追加のシステム変更は含まれません。

  2. GRUB 2 ブートローダーを使用して boom を 有効にする

    # grub2-mkconfig > /boot/grub2/grub.cfg
    Generating grub configuration file ...
    Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-1160.118.1.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-1160.118.1.el7.x86_64.img
    Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-1160.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-1160.el7.x86_64.img
    Found linux image: /boot/vmlinuz-0-rescue-f9f6209866c743739757658d1a4850b2
    Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-f9f6209866c743739757658d1a4850b2.img
    done
  3. プロファイルを作成します。

    # boom profile create --from-host --uname-pattern el7
    Created profile with os_id f150f3d:
      OS ID: "f150f3d6693495254255d46e20ecf5c690ec3262",
      Name: "Red Hat Enterprise Linux Server", Short name: "rhel",
      Version: "7.9 (Maipo)", Version ID: "7.9",
      Kernel pattern: "/vmlinuz-%{version}", Initramfs pattern: "/initramfs-%{version}.img",
      Root options (LVM2): "rd.lvm.lv=%{lvm_root_lv}",
      Root options (BTRFS): "rootflags=%{btrfs_subvolume}",
      Options: "root=%{root_device} ro %{root_opts}",
      Title: "%{os_name} %{os_version_id} (%{version})",
      Optional keys: "grub_users grub_arg grub_class id", UTS release pattern: "el7"
  4. 元のブートイメージのバックアップコピーを使用して、元のシステムのスナップショットブートエントリーを作成します。

    # boom create --backup --title "Root LV snapshot before changes" --rootlv rhel/root_snapshot_before_changes
    Created entry with boot_id bfef767:
      title Root LV snapshot before changes
      machine-id 7d70d7fcc6884be19987956d0897da31
      version 3.10.0-1160.114.2.el7.x86_64
      linux /vmlinuz-3.10.0-1160.114.2.el7.x86_64.boom0
      initrd /initramfs-3.10.0-1160.114.2.el7.x86_64.img.boom0
      options root=/dev/rhel/root_snapshot_before_changes ro rd.lvm.lv=rhel/root_snapshot_before_changes
      grub_users $grub_users
      grub_arg --unrestricted
      grub_class kernel

    ここでは、以下のようになります。

    • --title " 変更前のルート LV スナップショット " は、システムの起動時にブートエントリーリストに表示されるブートエントリーの名前です。
    • --rootlv は、新しいブートエントリーに対応する root 論理ボリュームです。

      前の手順を完了すると、アップグレード前の元のシステムにアクセスできるブートエントリーが作成されます。

  5. Leapp ユーティリティーを使用して Red Hat Enterprise Linux 8 にアップグレードします。

    # leapp upgrade
    ==> Processing phase `configuration_phase`
    ====> * ipu_workflow_config
            IPU workflow config actor
    ==> Processing phase `FactsCollection`
    ...
    ============================================================
                          REPORT OVERVIEW
    ============================================================
    
    Upgrade has been inhibited due to the following problems:
        1. Btrfs has been removed from RHEL8
        2. Missing required answers in the answer file
    
    HIGH and MEDIUM severity reports:
        1. Packages available in excluded repositories will not be installed
        2. GRUB2 core will be automatically updated during the upgrade
        3. Difference in Python versions and support in RHEL 8
        4. chrony using default configuration
    
    Reports summary:
        Errors:                      0
        Inhibitors:                  2
        HIGH severity reports:       3
        MEDIUM severity reports:     1
        LOW severity reports:        3
        INFO severity reports:       4
    
    Before continuing consult the full report:
        A report has been generated at /var/log/leapp/leapp-report.json
        A report has been generated at /var/log/leapp/leapp-report.txt
    
    ============================================================
                       END OF REPORT OVERVIEW
    ============================================================

    leapp アップグレード コマンドレポートで示されたブロックを確認して解決します。レポートの詳細な手順については、コマンドラインからのアップグレード可能性の評価を 参照してください。

  6. アップグレードブートエントリーを再起動します。

    # leapp upgrade --reboot
    ==> Processing phase `configuration_phase`
    ====> * ipu_workflow_config
            IPU workflow config actor
    ==> Processing phase `FactsCollection`
    ...

    GRUB ブート画面から Red Hat Enterprise Linux Upgrade Initramfs エントリーを選択します。

    注記

    GRUB ブート画面の Snapshots サブメニューは、Red Hat Enterprise Linux 8 では使用できません。

検証

  • アップグレードが完了すると、システムが自動的に再起動します。GRUB 画面には、アップグレードされたバージョン (Red Hat Enterprise Linux 8) と、使用可能なオペレーティングシステムの以前のバージョンが表示されます。アップグレードされたシステムバージョンがデフォルトの選択です。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.