検索

20.5. リモートディスクレスシステムの再設定

download PDF

パッケージ更新のインストール、サービスの再起動、または問題のデバッグを行う場合は、システムを再設定できます。以下の手順では、ユーザーのパスワードを変更する方法、システムにソフトウェアをインストールする方法、システムを読み取り専用モードの /usr と読み取り/書き込みモードの /var に分割する方法を示します。

前提条件

  • エクスポートしたファイルシステムで no_root_squash オプションが有効になっている。

手順

  1. ユーザーパスワードを変更するには、以下の手順に従います。

    • コマンドラインを /exported/root/directory に変更します。

      # chroot /exported/root/directory /bin/bash
    • 必要なユーザーのパスワードを変更します。

      # passwd <username>

      <username> を、パスワードを変更する必要がある実際のユーザーに置き換えます。

    • コマンドラインを終了します。
  2. リモートディスクレスシステムにソフトウェアをインストールします。

    # yum install <package> --installroot=/exported/root/directory --releasever=/ --config /etc/dnf/dnf.conf --setopt=reposdir=/etc/yum.repos.d/
    • <package> を、インストールする実際のパッケージに置き換えます。
  3. 2 つの個別のエクスポートを設定して、リモートディスクレスシステムを /usr/var に分割します。NFS サーバーのデプロイ を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.