検索

16.3. クォータアカウンティング

download PDF

コンシューマーまたはリソースにクォータが割り当てられると、そのコンシューマーによるアクションまたはストレージ/vCPU/メモリーに関連したリソースに対するアクションを実行するたびに、クォータの消費またはクォータの解放が生じます。

クォータは、ユーザーによるリソースへのアクセスの上限の役割を果たすので、クォータの計算は、ユーザーによる現在の実使用量とは異なる場合があります。クォータは現在の使用量ではなく、拡張可能な最大容量を算出します。

例16.1 アカウンティングの例

ユーザーは vCPU が 1 基、メモリーが 1024 MB の仮想マシンを実行しています。そのアクションにより、ユーザーに割り当てられた vCPU 1 基 と 1024 MB のクォータが消費されます。仮想マシンが停止すると、vCPU 1 基と 1024 MB の RAM が解放されて、ユーザーに割り当てられたクォータに戻ります。ランタイムのクォータ消費は、コンシューマーの実際のランタイム中にのみ計算されます。

ユーザーが 10 GB のシンプロビジョニング仮想ディスクを作成します。ディスクの実使用量には、そのディスクの 3 GB のみが実際に使用中と表示される可能性がありますが、クォータの消費は、そのディスクが拡張可能な最大容量である 10 GB となります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.