検索

10.4. Red Hat Virtualization の共有可能ディスク

download PDF

アプリケーションによっては、サーバー間でストレージを共有する必要があります。Red Hat Virtualization は、仮想マシンのハードディスクを 共有可能 としてマークし、これらのディスクを仮想マシンにアタッチすることができます。この方法により、1 つの仮想ディスクを複数のクラスター対応ゲストで使用することが可能となります。

共有ディスクは、すべての状況で使用できるわけではありません。共有ディスクは、クラスター化されたデータベースサーバーやその他の高可用性サービスなどのアプリケーションに適しています。クラスターに対応していない複数のゲストに共有ディスクをアタッチすると、ディスクの読み取り/書き込みが連携されないため、データが破損する可能性があります。

共有ディスクのスナップショットは作成できません。また、スナップショットを作成した仮想ディスクは、後で共有可能とマークすることはできません。

ディスクは、作成時または後で編集して共有可能とマークすることができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.