検索

A.11. VDSM フックの実行

download PDF

before_vm_start スクリプトは、libvirt に達する前に、ドメイン XML を編集して仮想マシンの VDSM の定義を変更することができます。これを実行する際には、注意を払う必要があります。フックスクリプトは、VDSM の操作を妨げる可能性があり、スクリプトにバグがある場合には、Red Hat Virtualization 環境が停止してしまう可能性があります。特に、ドメインの UUID は決して変更しないでください。また、十分な予備知識なしには、ドメインからのデバイスの削除を試みないでください。

before_vdsm_startafter_vdsm_stop のフックスクリプトは、root ユーザーとして実行されます。システムへの root アクセスが必要なその他のフックスクリプトは、sudo コマンドで root 権限が使用できるように記述する必要があります。これをサポートするには、/etc/sudoers を更新して、vdsm ユーザーがパスワードを再入力せずに sudo を使用できるようにする必要があります。フックスクリプトは非対話的に実行されるため、このように設定しなければなりません。

例A.4 VDSM フックの sudo 設定

以下の例では、vdsm ユーザーが root として /bin/chown コマンドを実行できるように sudo コマンドを設定します。

  1. root として仮想化ホストにログインします。
  2. テキストエディターで /etc/sudoers ファイルを開きます。
  3. ファイルに以下の行を追加します。

    vdsm ALL=(ALL) NOPASSWD: /bin/chown

    これは、vdsm ユーザーが root ユーザーとして /bin/chown コマンドを実行できるように指定しています。また、NOPASSWD パラメーターは、sudo を呼び出す際にユーザーがパスワードの入力を要求されないことを示しています。

この設定ファイルが変更された後には、VDSM フックは sudo コマンドを使用して root として /bin/chown を実行することができるようになります。以下の Python コードは、sudo を使用して、/my_file ファイル上で root として /bin/chown を実行します。

retcode = subprocess.call( ["/usr/bin/sudo", "/bin/chown", "root", "/my_file"] )

フックスクリプトの標準エラーは VDSM のログに収集されます。この情報は、フックスクリプトのデバッグに使用されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.