検索

A.10. VDSM フッキングモジュールの使用方法

download PDF

VDSM は Python フッキングモジュールと共に出荷され、VDSM フックスクリプトのヘルパー機能を提供します。このモジュールは、一例として提供されているもので、Python で書かれた VDSM フックにのみ適切です。

フッキングモジュールは、仮想マシンの libvirt XML の DOM オブジェクトへの読み取りをサポートしています。これにより、フックスクリプトが Python の組み込み xml.dom ライブラリー (http://docs.python.org/release/2.6/library/xml.dom.html) を使用して、オブジェクトを操作することができます。

変更されたオブジェクトは、フッキングモジュールを使用して再度 libvirt XML に保存することができます。フッキングモジュールは、以下のような関数を提供して、フック開発をサポートします。

表A.2 フッキングモジュールの関数
名前引数説明

tobool

文字列

「true」または「false」の文字列をブール値に変換します。

read_domxml

-

仮想マシンの libvirt XML を DOM オブジェクトに読み取ります。

write_domxml

DOM オブジェクト

仮想マシンの libvirt XML を DOM オブジェクトから書き込みます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.