検索

6.16.3. 高可用性仮想マシンの設定

download PDF

高可用性は、仮想マシンごとに個別に設定する必要があります。

高可用性仮想マシンの設定

  1. Compute Virtual Machines をクリックし、仮想マシンを選択します。
  2. Edit をクリックします。
  3. High Availability タブをクリックします。
  4. Highly Available チェックボックスを選択して、仮想マシンの高可用性を有効にします。
  5. Target Storage Domain for VM Lease ドロップダウンリストから、仮想マシンのリースを保持するストレージドメインを選択するか、No VM Lease を選択して機能を無効にします。仮想マシンのリースに関する詳細は、「高可用性とは」を参照してください。

    重要

    この機能は、V4 以降のストレージドメインでのみ利用できます。

  6. Resume Behavior ドロップダウンリストから AUTO_RESUMELEAVE_PAUSED、または KILL を選択します。仮想マシンのリースを定義している場合、KILL が利用可能な唯一のオプションになります。詳細は、「仮想マシンの高可用性設定の説明」 を参照してください。
  7. 優先度ドロップダウンリストから 、または を選択します。移行がトリガーされると、キューが作成されて優先度の高い仮想マシンが最初に移行されます。クラスターのリソースが不足している場合は、優先度の高い仮想マシンのみが移行されます。
  8. OK をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.