検索

5.4.2. 仮想メモリーのホットアンプラグ

download PDF

仮想メモリーをホットアンプラグできます。ホットアンプラグとは、仮想マシンの実行中にデバイスを無効にすることを意味します。

重要
  • ホットプラグで追加されたメモリーのみがホットプラグを解除できるようにしてください。
  • 仮想マシンのオペレーティングシステムは、メモリーのホットアンプラグをサポートしている必要があります。
  • 仮想マシンでメモリーバルーンデバイスを有効にしないでください。この機能はデフォルトで無効になっています。
  • ホットプラグされたメモリーのすべてのブロックは、仮想マシンのデバイス管理ルールでonline_movableに設定する必要があります。最新バージョンの Red Hat Enterprise Linux または CoreOS を実行している仮想マシンでは、このルールがデフォルトで設定されています。デバイス管理ルールについては、仮想マシンのオペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。

これらの条件が満たされない場合、メモリーのホットアンプラグアクションが失敗するか、予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。

仮想メモリーのホットアンプラグ

  1. Compute Virtual Machines をクリックし、実行中の仮想マシンを選択します。
  2. Vm Devices タブをクリックします。
  3. ホットアンプラグ 列で、削除するメモリーデバイスの横にある ホットアンプラグ をクリックします。
  4. メモリーホットアンプラグ ウィンドウで OK をクリックします。

仮想マシンの 物理メモリー保証 値は、必要に応じて自動的に 1 つ減らした数字が割り当てられます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.