検索

4.6.4. watchdog.conf の Watchdog のパラメーター

download PDF

以下は、/etc/watchdog.conf ファイルで利用可能な watchdog サービスを設定するオプションの一覧です。オプションを設定するには、そのオプションのコメントを解除し、変更を保存した後に watchdog サービスを再起動する必要があります。

注記

watchdog サービスの設定および watchdog コマンドの使用に関するオプションの詳細は、watchdog の man ページを参照してください。

表4.2 watchdog.conf の変数
変数名デフォルト値備考

ping

該当なし

Watchdog が、そのアドレスにアクセスできるかどうかを確認するために ping を試行する IP アドレス。ping 行を追加して、複数の IP アドレスを指定できます。

interface

該当なし

Watchdog が、ネットワークトラフィックの存在を確認するために監視するネットワークインターフェイス。interface 行を追加して、複数のネットワークインターフェイスを指定できます。

file

/var/log/messages

Watchdog が変更を監視するローカルシステム上のファイル。file 行を追加することで、複数のファイルを指定できます。

change

1407

Watchdog がファイルへの変更をチェックするまでの Watchdog 間隔の数。change 行は、各 file 行の直後の行で指定する必要があり、その change 行のすぐ上の file 行に適用されます。

max-load-1

24

仮想マシンが 1 分間で持続できる最大平均負荷。この平均を超過すると、Watchdog がトリガーされます。値が 0 の場合は、この機能は無効になります。

max-load-5

18

仮想マシンが 5 分間で維持できる最大平均負荷。この平均を超過すると、Watchdog がトリガーされます。値が 0 の場合は、この機能は無効になります。デフォルトでは、この変数の値は max-load-1 の約 4 分の 3 の値に設定されています。

max-load-15

12

仮想マシンが 15 分間で持続できる最大平均負荷。この平均を超過すると、Watchdog がトリガーされます。値が 0 の場合は、この機能は無効になります。デフォルトでは、この変数の値は max-load-1 の約半分の値に設定されます。

min-memory

1

仮想マシンで空き状態を維持する必要がある仮想メモリーの最小量。この値はページ単位で測定されます。値が 0 の場合は、この機能は無効になります。

repair-binary

/usr/sbin/repair

Watchdog がトリガーされる際に実行されるローカルシステムのバイナリーファイルのパスおよびファイル名。Watchdog が Watchdog カウンターをリセットできない問題を指定したファイルが解決する場合、Watchdog のアクションはトリガーされません。

test-binary

該当なし

Watchdog が、各間隔で実行を試みるローカルシステム上のバイナリーファイルのパスとファイル名。テストバイナリーを使用すると、ユーザー定義のテストを実行するためのファイルを指定できます。

test-timeout

該当なし

ユーザー定義のテストを実行できる制限時間 (秒単位)。0 の値を使用すると、ユーザー定義のテストを無制限に続行できます。

temperature-device

該当なし

watchdog サービスが実行されているマシンの温度をチェックするデバイスへのパスおよびデバイスの名前。

max-temperature

120

watchdog サービスが実行されているマシンの最大許容温度。この温度に達すると、マシンは停止します。ユニット変換は考慮されないため、使用されている Watchdog カードに一致する値を指定する必要があります。

admin

root

メール通知を送信するメールアドレス。

interval

10

Watchdog デバイスの更新の間隔 (秒単位)。Watchdog デバイスは、少なくとも 1 分に 1 回の更新を想定し、1 分間に更新がない場合は、Watchdog がトリガーされます。この 1 分間の期間は Watchdog デバイスのドライバーにハードコーディングされており、設定することはできません。

logtick

1

watchdog サービスに対して詳細なロギングが有効になっている場合、watchdog サービスは、ログメッセージをローカルシステムに定期的に書き込みます。logtick 値は、メッセージが書き込まれるまでの Watchdog 間隔の数を表します。

リアルタイム

yes

Watchdog がメモリー内でロックされているかどうかを指定します。yes の値は、メモリー内の Watchdog をロックし、メモリーからスワップアウトされないようにします。一方、no の値は、Watchdog をメモリーからスワップアウトすることができます。Watchdog がメモリーからスワップアウトされ、Watchdog カウンターがゼロに到達する前にスワップインされない場合、Watchdog がトリガーされます。

priority

1

realtime の値が yes に設定されている場合のスケジュールの優先度。

pidfile

/var/run/syslogd.pid

対応するプロセスがまだアクティブであるかどうかを確認するために、Watchdog が監視する PID ファイルのパスとファイル名。対応するプロセスがアクティブではない場合、Watchdog がトリガーされます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.