検索

2.3. 必要なリポジトリーの有効化

download PDF

Red Hat が署名したパッケージをインストールするには、ターゲットシステムをコンテンツ配信ネットワークに登録する必要があります。次に、サブスクリプションプールからエンタイトルメントを使用し、必要なリポジトリーを有効にします。

Subscription Manager を使用した必要なリポジトリーの有効化

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    # subscription-manager register
  2. 関連するサブスクリプションプールを見つけ、プール ID を書き留めます。

    # subscription-manager list --available
  3. プール ID を使用して、必要なサブスクリプションをアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=pool_id
  4. 複数のリポジトリーを持つサブスクリプションプールにシステムがアタッチされている場合は、メインリポジトリーのみがデフォルトで有効になっています。その他は利用できますが、無効になっています。追加のリポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos --enable=repository
  5. 現在インストールされている全パッケージを最新の状態にします。

    # yum update
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.