検索

4.5. コンソールオプションの設定

download PDF

4.5.1. コンソールオプション

接続プロトコルは、仮想マシンにグラフィカルコンソールを提供し、ユーザーが物理マシンと同じように仮想マシンを操作できるようにするために使用される基盤となるテクノロジーです。Red Hat Virtualization は現在、以下の接続プロトコルをサポートしています。

SPICE

独立したコンピューティング環境のためのシンプルなプロトコル (SPICE) は、Linux 仮想マシンと Windows 仮想マシンの両方で推奨される接続プロトコルです。SPICE を使用して仮想マシンのコンソールを開くには、リモートビューアーを使用します。

VNC

Virtual Network Computing(VNC) を使用して、Linux 仮想マシンと Windows 仮想マシンの両方に対してコンソールを開くことができます。VNC を使用して仮想マシンのコンソールを開くには、リモートビューアーまたは VNC クライアントを使用します。

RDP

Remote Desktop Protocol (RDP) は、Windows 仮想マシンのコンソールを開く場合にのみ使用でき、リモートデスクトップがインストールされている Windows マシンから仮想マシンにアクセスする場合にのみ利用できます。RDP を使用して Windows 仮想マシンに接続する前に、仮想マシンでリモート共有をセットアップし、リモートデスクトップ接続を許可するようにファイアウォールを設定する必要があります。

注記

現在、SPICE は、Windows8 を実行している仮想マシンではサポートされていません。Windows 8 仮想マシンが SPICE プロトコルを使用するように設定されている場合、必要な SPICE ドライバーが存在しないことが検出され、RDP を使用するように自動的にフォールバックされます。

4.5.1.1. コンソールオプションへのアクセス

管理ポータルで、仮想マシンのグラフィカルコンソールを開くための複数のオプションを設定できます。

コンソールオプションへのアクセス

  1. Compute Virtual Machines をクリックし、実行中の仮想マシンを選択します。
  2. Console Console Options をクリックします。
注記

管理ポータルの 仮想マシンの編集 ウィンドウの コンソール タブで、接続プロトコルとビデオタイプを設定できます。VNC 接続プロトコルを使用する場合のキーボードレイアウトなど、各接続プロトコルに固有の追加オプションを設定できます。詳細は、「仮想マシンのコンソール設定の説明」 を参照してください。

4.5.1.2. SPICE コンソールオプション

SPICE 接続プロトコルを選択すると、Console Options ウィンドウで以下のオプションを使用できます。

SPICE オプション

  • Map control-alt-del shortcut to ctrl+alt+end: このチェックボックスを選択して、Ctrl+ Alt+ Del キーの組み合わせを仮想マシン内の Ctrl+ Alt+ End にマップします。
  • Enable USB Auto-Share: このチェックボックスをオンにすると、USB デバイスが仮想マシンに自動的にリダイレクトされます。このオプションが選択されていない場合には、USB デバイスはゲスト仮想マシンではなくクライアントマシンに接続します。ゲストマシンで USB デバイスを使用するには、SPICE クライアントメニューで USB デバイスを手動で有効にします。
  • Open in Full Screen: 仮想マシンに接続したときに仮想マシンコンソールが自動的に全画面表示で開くようにするには、このチェックボックスをオンにします。Shift+ F11 を押して、全画面モードのオンとオフを切り替えます。
  • Enable SPICE Proxy: このチェックボックスを選択して、SPICE プロキシーを有効にします。

4.5.1.3. VNC コンソールオプション

VNC 接続プロトコルを選択すると、Console Options ウィンドウで以下のオプションを使用できます。

コンソールの呼び出し

  • ネイティブクライアント: 仮想マシンのコンソールに接続すると、ファイルダウンロードダイアログに、リモートビューアー経由で仮想マシンのコンソールを開くファイルが提供されます。
  • noVNC: 仮想マシンのコンソールに接続すると、コンソールとして機能するブラウザータブが開きます。

VNC オプション

  • control-alt-delete ショートカットの ctrl+alt+end へのマッピング: このチェックボックスを選択して、Ctrl+ Alt+ Del キーの組み合わせを仮想マシン内の Ctrl+ Alt+ End にマップします。

4.5.1.4. RDP コンソールオプション

RDP 接続プロトコルを選択すると、Console Options ウィンドウで以下のオプションを使用できます。

コンソールの呼び出し

  • Auto: Manager は、コンソールを呼び出す方法を自動的に選択します。
  • ネイティブクライアント: 仮想マシンのコンソールに接続すると、ファイルダウンロードダイアログにリモートデスクトップ経由で仮想マシンのコンソールを開くファイルが提供されます。

RDP オプション

  • ローカルドライブの使用: このチェックボックスを選択すると、クライアントマシンのドライブにゲスト仮想マシンからアクセスできるようになります。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.