検索

6.14.2. ライブマイグレーションの最適化

download PDF

仮想マシンのライブマイグレーションは、リソースを大量に消費する操作です。以下の 2 つのオプションは、ライブマイグレーションを最適化するために、環境内のすべての仮想マシンに対してグローバルに、クラスターレベルで、または個々の仮想マシンレベルで設定できます。

Auto Converge migrations オプションを使用すると、仮想マシンのライブマイグレーション中に自動コンバージェンスが使用されるかどうかを設定できます。負荷が大きいが大きい仮想マシンでは、ライブマイグレーション中に行われる転送速度よりも速くメモリーがダーティーなり、移行が収束できなくなります。QEMU の自動調整機能を使用すると、仮想マシン移行の収束を強制的に実行できます。QEMU は、コンバージェンスの欠如を自動的に検出し、仮想マシン上の vCPU のスロットルダウンをトリガーします。

Enable migration compression オプションでは、仮想マシンのライブマイグレーション中に移行圧縮を使用するかどうかを設定できます。この機能は、Xor Binary Zero Run-Length-Encoding を使用して、メモリー書き込みを必要とするワークロードまたはスパースメモリー更新パターンを使用するアプリケーションに対して、仮想マシンのダウンタイムと合計移行時間を短縮します。

デフォルトでは、両方のオプションはグローバルで無効になっています。

仮想マシン移行時の自動収束および移行圧縮の設定

  1. グローバルレベルで最適化設定を行います。

    1. グローバルレベルで自動コンバージェンスを有効にします。

      # engine-config -s DefaultAutoConvergence=True
    2. グローバルレベルで移行圧縮を有効にします。

      # engine-config -s DefaultMigrationCompression=True
    3. ovirt-engine サービスを再起動して変更を適用します。

      # systemctl restart ovirt-engine.service
  2. クラスターレベルで最適化設定を行います。

    1. Compute Clusters をクリックし、クラスターを選択します。
    2. Edit をクリックします。
    3. Migration Policy タブをクリックします。
    4. Auto Converge migrations リストから、Inherit from global settingAuto Converge、または Don't Auto Converge を選択します。
    5. Enable migration compression リストから、Inherit from global settingCompress、または Don't Compress を選択します。
    6. OK をクリックします。
  3. 仮想マシンレベルで最適化設定を行います。

    1. Compute Virtual Machines をクリックし、仮想マシンを選択します。
    2. Edit をクリックします。
    3. Host タブをクリックします。
    4. Auto Converge migrations リストから、Inherit from cluster settingAuto Converge、または Don't Auto Converge を選択します。
    5. Enable migration compression リストから、Inherit from cluster settingCompress、または Don't Compress を選択します。
    6. OK をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.