検索

7.11. テンプレートに基づくクローンされた仮想マシンの作成

download PDF

クローンされた仮想マシンはテンプレートに基づいており、テンプレートの設定を継承します。クローンされた仮想マシンは、作成後はベースとなったテンプレートに依存しません。つまり、他に依存関係が存在しない場合にテンプレートを削除できます。

注記

テンプレートから仮想マシンのクローンを作成する場合、その仮想マシンのベースとなったテンプレートの名前が、その仮想マシンの Edit Virtual Machine ウィンドウの General タブに表示されます。このテンプレート名を変更すると、General タブのテンプレート名も更新されます。ただし、Manager からテンプレートを削除すると、そのテンプレートの元の名前が表示されます。

テンプレートに基づく仮想マシンのクローン作成

  1. Compute Virtual Machinesをクリックします。
  2. New をクリックします。
  3. 仮想マシンを実行する Cluster を選択します。
  4. Based on Template ドロップダウンメニューからテンプレートを選択します。
  5. NameDescription、および任意の Comments を入力します。残りのフィールドでは、テンプレートから継承されるデフォルト値を使用するか、必要に応じて変更できます。
  6. Resource Allocation タブをクリックします。
  7. Storage Allocation エリアで Clone ラジオボタンを選択します。
  8. Format ドロップダウンリストからディスク形式を選択します。この設定は、クローン作成操作の速度と、新規仮想マシンに必要な初期ディスク領域の量に影響します。

    • QCOW2 (デフォルト)

      • 高速なクローン作成操作
      • 最適化されたストレージ容量の使用
      • 必要に応じてしかディスク領域が割り当てられない
    • Raw

      • 遅いクローン作成操作
      • 最適化された仮想マシンの読み取り/書き込み操作
      • テンプレートで要求されるすべてのディスク領域が、クローン作成操作時に割り当てられる
  9. Target ドロップダウンメニューを使用して、仮想マシンの仮想ディスクを保存するストレージドメインを選択します。
  10. OK をクリックします。
注記

仮想マシンのクローン作成には時間がかかる場合があります。テンプレートのディスクの新しいコピーを作成する必要があります。この間、仮想マシンのステータスは初め Image Lockedで、続いて Down になります。

仮想マシンが作成され、Virtual Machines タブに表示されます。これで、ユーザーを割り当て、クローン作成操作の完了時に使用を開始できるようになりました。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.