検索

5.3.5. 仮想マシンからの仮想ディスクの削除

download PDF

仮想マシンから仮想ディスクの削除

  1. Compute Virtual Machinesをクリックします。
  2. 仮想マシン名をクリックして、詳細ビューに移動します。
  3. ディスク タブをクリックし、削除する仮想ディスクを選択します。
  4. More Actions をクリックし ( moreactions )、Deactivate をクリックします。
  5. OK をクリックします。
  6. Remove をクリックします。
  7. 必要に応じて、完全に削除 のチェックボックスをチェックを入れて、環境から仮想ディスクを完全に削除します。このオプションを選択しない場合には (たとえば、ディスクが共有ディスクであるため)、仮想ディスクはストレージ ディスクに残ります。
  8. OK をクリックします。

ディスクが iSCSI などのブロックストレージとして作成され、ディスクの作成時に 削除後にワイプ チェックボックスがオンになっている場合には、ホスト上のログファイルを表示して、ディスクを完全に削除した後にデータが消去されたことを確認できます。Administration GuideSettings to Wipe Virtual Disks After Deletion を参照してください。

ディスクが iSCSI などのブロックストレージとして作成され、ディスクが削除される前にストレージドメインで削除後に破棄チェックボックスがオンになっている場合には、削除時に blkdiscard コマンドが論理ボリュームで呼び出され、下層のストレージにブロックに空きが出たことが通知されます。Administration GuideConfiguring Discard for a Storage Domain を参照してください。破棄を有効にする のチェックボックスがオンになっている仮想ディスクが少なくとも 1 台の仮想マシンにアタッチされている場合に、仮想ディスクが削除されると、論理ボリュームでも blkdiscard が呼び出されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.