検索

3.2. Run Once オプションを使用した仮想マシンの起動

download PDF

3.2.1. VirtIO 用に最適化されたハードウェアへの Windows のインストール

virtio-win.vfd ディスケットを仮想マシンにアタッチして、Windows のインストール時に VirtIO 用に最適化されたディスクおよびネットワークデバイスドライバーをインストールします。これらのドライバーは、エミュレートされたデバイスドライバーよりもパフォーマンスが向上します。

Run once オプションを使用して、New Virtual Machine ウィンドウで定義された Boot Options とは異なる 1 度限りのブートで、ディスケットをアタッチします。この手順では、Red Hat VirtIO ネットワークインターフェイスおよび VirtIO インターフェイスを使用するディスクを仮想マシンに追加したと仮定しています。

注記

virtio-win.vfd ディスケットは、Manager でホストされる ISO ストレージドメインに自動的に配置されます。データストレージドメインに手動でアップロードできます。詳細は、Administration GuideUploading Images to a Data Storage Domain を参照してください。

Windows インストール時の VirtIO ドライバーのインストール

  1. Compute Virtual Machines をクリックし、仮想マシンを選択します。
  2. Run Run Once をクリックします。
  3. Boot Options メニューを展開します。
  4. Attach Floppy チェックボックスを選択し、ドロップダウンリストから virtio-win.vfd を選択します。
  5. Attach CD チェックボックスを選択し、ドロップダウンリストから必要な Windows ISO を選択します。
  6. CD-ROMBoot Sequence フィールドの一番上に移動します。
  7. 必要に応じて残りの Run Once オプションを設定します。詳細は、「Run once ウィンドウの設定についての説明」 を参照してください。
  8. OK をクリックします。

仮想マシンの ステータスUp に変更され、オペレーティングシステムのインストールが開始されます。仮想マシンが自動的に表示されない場合は、仮想マシンのコンソールを開きます。

Windows のインストールには、インストールプロセスの初期段階で追加のドライバーを読み込むオプションが含まれます。このオプションを使用して、仮想マシンに A: としてアタッチされた virtio-win.vfd ディスケットからドライバーを読み込みます。サポートされる各仮想マシンのアーキテクチャーおよび Windows バージョンごとに、ディスクに最適化されたハードウェアデバイスドライバーが含まれるフォルダーがあります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.