検索

22.2. perf レポートを使用して実行した CPU サンプルの表示

download PDF

perf record コマンドはパフォーマンスデータをサンプルし、このデータを perf.data ファイルに保存します。このファイルは perf report コマンドで読み取ることができます。perf record コマンドは、どの CPU サンプルが発生したかを常に記録します。perf report を設定して、この情報を表示することができます。

前提条件

  • perf のインストール で説明されているように、perf ユーザー領域ツールがインストールされている。
  • 現行ディレクトリーに perf recordperf.data ファイルが作成されている。perf.data ファイルが root アクセスで作成された場合は、root アクセスで perf report を実行する必要もあります。

手順

  • CPU でソートしながら、詳細な分析のために perf.data ファイルの内容を表示します。

    # perf report --sort cpu
    • CPU およびコマンドでソートすると、CPU 時間が費やされている場所に関する詳細情報を表示できます。

      # perf report --sort cpu,comm

      この例では、すべての監視 CPU からのコマンドを、オーバーヘッド使用量の降順で合計オーバーヘッドでリスト表示し、コマンドが実行された CPU を特定します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.