検索

2.8. 低レイテンシーチューニングへの TuneD の cpu-partitioning プロファイルの使用

download PDF

この手順では、TuneD の cpu-partitioning プロファイルを使用して、低レイテンシーになるようにシステムをチューニングする方法を説明します。これは、cpu-partitioning の図で説明されているように、cpu-partitioning と CPU レイアウトを使用できる低レイテンシーのアプリケーションの例を使用します。

この場合のアプリケーションでは、以下を使用します。

  • ネットワークからデータを読み込む 1 つの専用リーダースレッドが、CPU 2 に固定されます。
  • このネットワークデータを処理する多数のスレッドは、CPU 4-23 に固定されます。
  • 処理されたデータをネットワークに書き込む専用のライタースレッドは、CPU 3 に固定されます。

前提条件

  • yum install tuned-profiles-cpu-partitioning コマンドを root で使用して、cpu-partitioning TuneD プロファイルをインストールしている。

手順

  1. /etc/tuned/cpu-partitioning-variables.conf ファイルを編集し、以下の内容を追加します。

    # All isolated CPUs:
    isolated_cores=2-23
    # Isolated CPUs without the kernel’s scheduler load balancing:
    no_balance_cores=2,3
  2. cpu-partitioning TuneD プロファイルを設定します。

    # tuned-adm profile cpu-partitioning
  3. 再起動

    再起動後、システムは、cpu-partitioning の図の分離に従って、低レイテンシーにチューニングされます。このアプリケーションでは、タスクセットを使用して、リーダーおよびライターのスレッドを CPU 2 および 3 に固定し、残りのアプリケーションスレッドを CPU 4-23 に固定できます。

関連情報

  • tuned-profiles-cpu-partitioning(7) man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.