検索

4.4. tuna ツールを使用した IRQ のチューニング

download PDF

/proc/interrupts ファイルには、IRQ ごとの割り込みの数、割り込みのタイプ、およびその IRQ にあるデバイスの名前が記録されます。

この手順では、tuna ツールを使用して IRQ を調整する方法を説明します。

前提条件

手順

  • 現在の IRQ とそれらのアフィニティーを表示するには、以下を実行します。

    # tuna --show_irqs
    # users            affinity
    0 timer                   0
    1 i8042                   0
    7 parport0                0
  • コマンドの影響を受ける IRQ のリストを指定するには、次のコマンドを実行します。

    # tuna --irqs=irq_list [command]

    irq_list 引数は、コンマ区切りの IRQ 番号またはユーザー名パターンのリストです。

    [コマンド] を、たとえば --spred に置き換えます。

  • 指定した CPU に割り込みを移動するには、以下を実行します。

    # tuna --irqs=128 --show_irqs
       # users            affinity
     128 iwlwifi           0,1,2,3
    
    # tuna --irqs=128 --cpus=3 --move

    128 を irq_list 引数に置き換え、3 を cpu_list 引数に置き換えます。

    cpu_list 引数は、--cpus=0,2 などのコンマ区切り CPU 番号のリストです。詳細は、tuna ツールを使用した CPU の調整 を参照してください。

検証手順

  • 選択した IRQ の状態を、割り込みを指定の CPU に移動してから比較します。

    # tuna --irqs=128 --show_irqs
       # users            affinity
     128 iwlwifi                 3

関連情報

  • /procs/interrupts ファイル
  • tuna(8) の man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.