検索

10.3. ブリッジマッピングの設定

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) Networking サービス (neutron) がプロバイダーのネットワークトラフィックを物理ネットワークに接続するために使用するブリッジマッピングを変更するには、必要な heat パラメーターを変更して、オーバークラウドを再デプロイします。

前提条件

  • の下にあるホストに stack ユーザーとしてアクセスできる必要があります。
  • ルーターがスケジュールされているネットワークノードに、ブリッジマッピングを設定する必要があります。
  • また、Compute ノードのブリッジマッピングを設定する必要もあります。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. source コマンドでアンダークラウドの認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  3. カスタム YAML 環境ファイルを作成します。

    $ vi /home/stack/templates/my_bridge_mappings.yaml

  4. ご自分の環境ファイルには、parameter_defaults というキーワードを含める必要があります。parameter_defaults キーワードの後に、サイトに適した値を持つ NeutronBridgeMappings heat パラメーターを追加します。

    この例では、NeutronBridgeMappings パラメーターは、物理名 datacentretenant、ブリッジ br-exbr- tenant をそれぞれ関連付けます。

    parameter_defaults:
      NeutronBridgeMappings: "datacentre:br-ex,tenant:br-tenant"
    注記

    NeutronBridgeMappings パラメーターを使用しないと、デフォルトではホストの外部ブリッジ (br-ex) を物理名 (datacentre) にマッピングします。

  5. フラットネットワークを使用している場合は、NeutronFlatNetworks パラメーターを使用してその名前を追加します。

    この例では、パラメーターは物理名 datacentre をブリッジ br-ex に関連付け、物理名 tenant をブリッジ br-tenant に関連付けます。

    parameter_defaults:
      NeutronBridgeMappings: "datacentre:br-ex,tenant:br-tenant"
      NeutronFlatNetworks: "my_flat_network"
    注記

    NeutronFlatNetworks パラメーターが使用されていない場合、デフォルトは datacentre です。

  6. VLAN ネットワークを使用している場合は、NeutronNetworkVLANRanges パラメーターを使用して、アクセスする VLAN の範囲とともにネットワーク名を指定します。

    この例では、NeutronNetworkVLANRanges パラメーターは、tenant ネットワークの VLAN 範囲を 1 - 1000 で指定します。

    parameter_defaults:
     NeutronBridgeMappings: "datacentre:br-ex,tenant:br-tenant"
     NeutronNetworkVLANRanges: "tenant:1:1000"
  7. コア heat テンプレート、環境ファイル、およびこの新しいカスタム環境ファイルを指定して、deployment コマンドを実行します。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e <your_environment_files> \
      -e /home/stack/templates/my_bridge_mappings.yaml
  8. 以下の手順を実行します。

    1. ネットワークの VLAN 範囲を使用して、対応する外部ネットワークを表すプロバイダーネットワークを作成します。(neutron プロバイダーネットワークまたは Floating IP ネットワークを作成する際には、物理名を使用します。)
    2. ルーターインターフェイスを使用して、外部ネットワークをプロジェクトネットワークに接続します。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.