検索

13.2. DVR の概要

download PDF

分散仮想ルーティング (DVR) は、集中ルーティングとは別のルーティング設計を提供します。DVR は、Controller ノードの障害のあるドメインを分離して、L3 エージェントをデプロイしてネットワークトラフィックを最適化し、全 Compute ノードにルーターをスケジューリングします。DVR には以下の特徴があります。

  • East-West トラフィックは分散されて、Compute ノード上で直接ルーティングされます。
  • Floating IP を持つインスタンスの North-South トラフィックは、分散されて、Compute ノードにルーティングされます。そのためには、外部ネットワークを全 Compute ノードに接続する必要があります。
  • Floating IP を持たないインスタンスの North-South トラフィックは分散されず、依然として専用のコントローラーノードが必要です。
  • ノードが SNAT トラフィックだけに対応するように、コントローラーノード上の L3 エージェントは dvr_snat モードを使用します。
  • neutron のメタデータエージェントは分散され、全 Compute ノード上にデプロイされます。このメタデータのプロキシーサービスは、すべての分散ルーター上でホストされます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.