検索

第78章 subnet

download PDF

本章では、subnet コマンドに含まれるコマンドについて説明します。

78.1. subnet create

サブネットを作成します。

使用方法

openstack subnet create [-h] [-f {json,shell,table,value,yaml}]
                               [-c COLUMN] [--noindent] [--prefix PREFIX]
                               [--max-width <integer>] [--fit-width]
                               [--print-empty] [--project <project>]
                               [--project-domain <project-domain>]
                               [--subnet-pool <subnet-pool> | --use-prefix-delegation USE_PREFIX_DELEGATION | --use-default-subnet-pool]
                               [--prefix-length <prefix-length>]
                               [--subnet-range <subnet-range>]
                               [--dhcp | --no-dhcp]
                               [--dns-publish-fixed-ip | --no-dns-publish-fixed-ip]
                               [--gateway <gateway>] [--ip-version {4,6}]
                               [--ipv6-ra-mode {dhcpv6-stateful,dhcpv6-stateless,slaac}]
                               [--ipv6-address-mode {dhcpv6-stateful,dhcpv6-stateless,slaac}]
                               [--network-segment <network-segment>] --network
                               <network> [--description <description>]
                               [--allocation-pool start=<ip-address>,end=<ip-address>]
                               [--dns-nameserver <dns-nameserver>]
                               [--host-route destination=<subnet>,gateway=<ip-address>]
                               [--service-type <service-type>]
                               [--tag <tag> | --no-tag]
                               <name>

表78.1 位置引数
概要

<name>

新規サブネット名

表78.2 コマンド引数
概要

-h、--help

help メッセージを表示して終了します

--project <project>

所有者のプロジェクト (名前または ID)

--project-domain <project-domain>

プロジェクトが所属するドメイン (名前または ID)。プロジェクト名の競合が発生してしまった場合に、使用できます。

--subnet-pool <subnet-pool>

このサブネットが cidr を取得するサブネットプール (名前または ID)。

--use-prefix-delegation USE_PREFIX_DELEGATION

ip が ipv6 形式で、ip が外部に委譲される場合は prefix-delegation を使用します。

--use-default-subnet-pool

--ip-version のデフォルトのサブネットプールを使用します。

--prefix-length <prefix-length>

サブネットプールからのサブネット割り当ての接頭辞長

--subnet-range <subnet-range>

cidr 表記のサブネット範囲 (--subnet- pool が指定されていない場合には必須、それ以外の場合はオプション)

--dhcp

dhcp を有効にします (デフォルト)。

--no-dhcp

dhcp を無効にします。

--dns-publish-fixed-ip

dns で固定 IP の公開を有効にします。

--no-dns-publish-fixed-ip

dns での固定 IP の公開を無効にします (デフォルト)

--gateway <gateway>

サブネットのゲートウェイを指定します。3 つのオプションは、<ip-address>: ゲートウェイとして使用する特定の IP アドレス、auto: ゲートウェイのアドレスはサブネット自体から自動的に選択される、none: このサブネットはゲートウェイを使用しない、です (例:--gateway 192.168.9.1、--gateway auto、--gateway none(デフォルトは auto))。

--ip-version {4,6}

IP バージョン (デフォルトは 4)。サブネットプールが指定されている場合には、サブネットプールから IP バージョンが決定され、このオプションは無視されます。

--ipv6-ra-mode {dhcpv6-stateful,dhcpv6-stateless,slaac}

Ipv6 ra(ルーター広告) モード。有効なモード:[dhcpv6-stateful、dhcpv6-stateless、slaac]

--ipv6-address-mode {dhcpv6-stateful,dhcpv6-stateless,slaac}

Ipv6 アドレスモード。有効なモード:[dhcpv6-stateful、dhcpv6-stateless、slaac]

--network-segment <network-segment>

このサブネットに関連付けるネットワークセグメント (名前または ID)

--network <network>

このサブネットが属するネットワーク (名前または ID)

--description <description>

サブネットの説明を設定します。

--allocation-pool start=<ip-address>,end=<ip-address>

このサブネットの割り当てプール IP アドレス (例:start=192.168.199.2,end=192.168.199.254)(複数の IP アドレスを追加する場合はオプションを繰り返し使用します)

--dns-nameserver <dns-nameserver>

このサブネットの DNS サーバー (複数の DNS サーバーを設定する場合はオプションを繰り返し使用します)

--host-route destination=<subnet>,gateway=<ip-address>

このサブネットの追加のルート (例:destination=10.10.0.0/16,gateway=192.168.71.254、 destination: 宛先のサブネット (CIDR 表記)、gateway: 次のホップの IP アドレス)(複数のルートを追加する場合はオプションを繰り返し使用します)

--service-type <service-type>

このサブネットのサービス種別 (例:network:floatingip_agent_gateway)。ネットワークポートの有効なデバイス所有者の値でなければなりません (複数のサービス種別を設定する場合はオプションを繰り返し使用します)。

--tag <tag>

サブネットに追加されるタグ (複数のタグを設定する場合はオプションを繰り返し使用します)

--no-tag

サブネットにタグを関連付けません。

表78.3 出力フォーマット設定オプション
概要

-f {json,shell,table,value,yaml}, --format {json,shell,table,value,yaml}

出力形式。デフォルトは table です。

-c COLUMN, --column COLUMN

追加する列を指定します。複数の列を表示するには、繰り返すことができます。

表78.4 JSON フォーマット設定オプション
概要

--noindent

Json のインデントを無効にするかどうか。

表78.5 シェルフォーマット設定オプション
概要

--prefix PREFIX

すべての変数名に接頭辞を追加します。

表78.6 テーブルフォーマット設定オプション
概要

--max-width <integer>

表示の幅の最大値 <1 は無効にする。CLIFF_MAX_TERM_MYBACKUPDIRTH 環境変数を使用することもできますが、パラメーターが優先されます。

--fit-width

表示幅にテーブルを適合させます。--max- width が 0 よりも大きい場合は暗黙的になります。常に有効にするには、環境変数を CLIFF_FIT_MYBACKUPDIRTH=1 に設定します。

--print-empty

表示するデータがない場合は空のテーブルを出力します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.